ガジェット

BootCampのWindows容量を簡単に増やすアプリ

投稿日:

Paragon CampTune

私のMacBook ProにはBootCampでWindowsも入れています。

Windowsをインストールする際に使用領域を指定するのですが、当初はそれほど使用しないだろうと思いWindowsの容量を少なく設定しました。

しかし、ちょっと大きなデータを入れることになりWindowsの容量を増やさなければならない事態に。

Windowsの容量を増やすためには、BootCampでWindows領域を全削除して再インストール…。

これはめんどくさい。

もっと簡単にできる方法はないかと調べたところ、BootCampのパーテーションを超簡単に変更できるアプリParagon CampTuneを発見。

今回はこれを使ってBootCampのWindows容量を増やしてみました。

Paragon CampTune

Paragon CampTuneは、MacとWindowsのパーティションをスライダーで左右に移動するだけで簡単にサイズ変更ができるアプリ。

価格は2,473円

無料版もありますけど、変更できるサイズは2GBまで。

2GBで満足できるわけないので、まあこれはお試しですね。

価格的に2,500円なら許容範囲なので購入しました。

Paragon CampTune

操作は超簡単

さっそくインストール。

Paragon CampTune

インストールしたらシリアルナンバーを入力して有効化。

私のMacBook Proは2TBのSSDなんですが、Windows領域はケチって100GBにしてました。

Appleが推奨しているWindowsの容量は128GB(最低容量は64GB)。

このケチりが裏目に出てしまって30GBほど不足が発生。

なので50GBほど増やします。

本当はどーんと100GBとか増やせばいいのですが、可能な限りMacの領域を確保したいので小刻みです(笑)。

アプリを立ち上げ、パーテーションのスライダーをMac側に50GBスライドさせサイズ変更→ポップアップの続行を押すだけ。

Paragon CampTune

Paragon CampTune

Paragon CampTune

何これメッチャ簡単。

あとは待つのみ。

Paragon CampTune

しかし、この状態から一切動かなくなってしまった。

青いバーが1mmも動かない。

違うiMacで別の作業をしながら様子を見てたけど2時間経っても動かない。

だからといって、何かをいじるとデータが消える可能性もある。

WindowsどころかMacのOSまでクラッシュしたら目も当てられない。

ここはアプリを信じて待つのみ。

というわけで、放置して寝ることにしました。

完了

翌朝起きてみると無事完了してました!

寝てる間に完了した可能性はありますけど、放置の時間は6時間ほど。

Paragon CampTune

問題なくWindows領域が150GBになってました。

これで不足分が解消し、無事にWindowsで作業も完了。

Paragon CampTune

まとめ

Paragon CampTuneは本当に便利でした。

しかもここまで簡単とは。

感覚としては「あ、やべ、Windowsの領域足りないからCampTuneで増やそう」という非常に軽いノリです。

本来ならOSの再インストールという辛い作業なのに。

2,500円払う価値はあると思います。

もし今後もWindows領域が必要になったら、その都度増やしていけばですしね。

安全で簡単にBootCampのWindows容量を簡単に増やすのであれば、Paragon CampTuneは非常にオススメです。

Paragon CampTune

-ガジェット
-,

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.