カメラ

Nikon D780は一眼レフとミラーレスを融合した最強のカメラだった

投稿日:2020/01/19 更新日:

D780

先日、ニコンプラザ新宿へ行ってきました。

その時の対応は最悪でしたが、それは置いといて、待ち時間にD780を試してきました。

一眼レフのD850とDfからZ7とZ6の2台持ちへ移行した僕が、D780に感じた印象をお伝えしたいと思います。

関連記事
ニコンプラザ新宿
【Nikon Z7】ニコンの修理ミスとありえない対応を受けた話

僕のNikon Z7を修理に出しました。 しかし、ニコンの修理工場の検証結果は、原因をこちらの環境のせいにするというお粗末な内容でした。 それも超初歩的なミス。 普通に考えれば分かると思うのに・・・。 ...

続きを見る

D780

まず、持った印象はそこそこ軽い。

しかし重量を数字で見るとバッテリー込みで約840g。

そんなに軽くないですね。

もう少し軽いかと思ったので、ちょっと驚きました。

グリップの持ちやすさや全体的なバランスがいいと思います。

ファインダーもなかなかいいですね。

OVFを久しぶりに覗きましたが撮る気にさせてくれます。

やっぱりOVFは綺麗。

ただ、若干ファインダーが暗いような気もしました。

EVFに慣れすぎたかな。

そして、実際に撮影して写真を持ち帰ろうとしましたが、記録媒体はSDカードのダブルスロット。

この時はXQDカードしか持ってなくて試せませんでした。

それにしても、SDカードは今さら感が否めません。

せめて、D850のように片方をXQDカード、いや今ならCFexpressで良かったんじゃないかな。

D780ダブルスロットはSDカード。

ライブビューだとZ6と同等!

ライブビュー撮影では瞳AF像面位相差AF搭載の273点AFシステムが使用できます。

これはミラーレスであるZ6と同じです。

ただ、瞳AFを活用するとなると用途はほぼポートレート。

ライブビューでポートレート撮影はちょっとない、というのが僕の感想。

やはりファインダー越しで撮影したいじゃないですか。

D780はライブビューだけですが、Z7やZ6だと当然ながらEVFを覗きながら瞳AFができますからね。

D780で瞳AFを使うと、便利過ぎてミラーレスへ移行したくなるかもしれません。

逆に動画になるとライブビューで撮影することになると思うので、メチャクチャ捗ります。

D780背面のボタン配置。

まとめ

印象としては一眼レフ機とミラーレスのいいとこ取り。

動体撮影などの一眼レフの優位性を保ちつつ、ライブビュー性能ではミラーレスの便利さも享受できるカメラです。

最新の一眼レフ機の中に、ミラーレスのZ6が入ってるという感じでしょうか。

一眼レフで写真撮影、ライブビューで動画撮影という使い方がベストかな。

まあ動画の連続撮影時間は30分未満なのは変わりませんので長回しはできませんが。

でも、こうしてみると凄いカメラです。

D780はニコン最強の汎用カメラの1つになるのは間違いないでしょう。

となると、恐らく今年発売されるニコンのフラッグシップ機D6も、同じくライブビューで瞳AFや像面位相差AF搭載してくると思います。

一眼レフとミラーレスの融合が、一眼カメラの到達点ということなんでしょうね。

created by Rinker
ニコン
¥226,400 (2020/09/21 03:21:52時点 Amazon調べ-詳細)

-カメラ
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.