日記

カーナビの位置情報が狂ったせいで次元の狭間に落ちた話

投稿日:

仕事で水戸へ行ってきました。

自動車で行ったのですが、恐怖体験をしたのでその時の様子を綴りたいと思います。

――

出発時にカーナビをセット。

あとはナビ通りに進むだけだから迷うわけない。

水戸市街地に入り、目的地まであと10分もかからないところで事態は急変。

カーナビの現在地が急に狂い出す。

そして方角までグチャグチャになってしまった。

写真の白い痕跡が走った道。

道がない場所を走ってる。

こういうのってカーナビに反映してない新しい道路で起きる現象だけど、どう考えても新しい道路なんてない。

冷静になろうとコンビニの駐車場に一旦車を停める。

だけど、エンジンを切っても直らない。

私は冷静にGoogle MAPを開く。

Google MAPでナビを使えば問題ない。

しかし、スマホでも現在地はカーナビと同じ場所を示している。

つまり実際に自分がいない場所を指している。

おかしい!?

カーナビもスマホも同時に狂うなんてことがあるのか?

これはもう、そもそものGPS衛星の故障か?と思い空を見上げる。

地球規模の障害か?

すぐにX(Twitter)で調べるも、そういった情報はなし。

自分だけの症状?

まさか、私だけ水戸で次元の狭間に入ってしまった?

そんなことを本気で考える。

焦りとともに、刻々と過ぎていく時間。

知らない土地で迷うことほど恐怖はない。

しかも入り時間が決まっており、遅刻は絶対にできない現場。

本気でもうダメだと思い、目の前が真っ暗になる。

「ど゛う゛し゛て゛だ゛よ゛ぉ゛ぉ゛!゛!゛!」と藤原竜也さんばりに叫ぶ始末。

今の時代、スマホで現在位置が分からないのは致命的。

たった数キロメートル先にあるはずなのにたどり着けない。

どこを進んでいるか分からない。

それでも諦めるわけにはいかないから、交差点の名称から現在位置を割り出し地図に照らし合わせて進み、なんとか現場に到着。

仕事が終了し、帰宅するためにカーナビを付けるも、まだ位置は狂ったまま。

現在地は分かるし、もう焦りもないので、落ち着いて手動でカーナビを位置修正。

帰路につく。

しかし、順調に進むも、徐々に狂っていくカーナビの姿があった。

小説風に書きましたが全て事実です。

結局、帰りは川の上を走ったりと散々でした(笑)。

で、帰りにカーナビを見ていたら、原因が分かりました。

カーナビの現在位置が迷う → しかし車は進む → カーナビが位置情報を掴む → 車は進んでいるので、すでにその場所にはいない → ここでズレが発生 → 自動車が進む方向と、カーナビの進む方向が全く違うようになる → 自動車は進む → カーナビも別の方角へ進む → さらにずれは大きくなる → 無限ループ

という感じで、走れば走るほど狂うことが判明。

もしこの状態になったら可能な限り早急に車を停めて、手動で位置を修正するしか方法はないようです。

なお、スマホも同時に狂ったのは、カーナビとスマホをBluetoothで繋げていたことが原因の様子。

Bluetoothの接続を切ると正常に戻りました。

ただ、焦っている時はそこまで頭が回らない。

冷静さって大事ですね。

それにしても、あれほど焦ったのは久しぶり。

山で迷った時と同じレベルの恐怖でした。

登山でもないのに、普段から紙の地図も持ってないといけないようです(笑)。

created by Rinker
JAFメディアワークス
¥3,162 (2024/02/27 23:45:11時点 Amazon調べ-詳細)

-日記
-

Copyright© 大佐フォト , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.