ガジェット

MacBook Proを買うなら13インチ?15インチ?

投稿日:2018/08/29 更新日:

MacBook Pro

僕のメインPCはiMac 5Kです。

5Kディスプレイは本当に素晴らしい。Nikon D850の超高画素と相性は抜群で、一度この組み合わせを体感すると他のディスプレイが使用できなくなります。恐ろしい。

写真の現像や諸々の作業、ブログ執筆は自宅のiMacで行っていますので、旅に出た時はiPad Proに読み込ませ写真の確認、自宅で現像という流れです。

これはこれで問題はないんですが・・・。

MacBook Proが欲しい!

一旦作業を始めると家に篭りっきりになるのはなんとかしたいところ。ブログ執筆なんかも時間がかかる時がありますし。酷い時は20時間くらい連続で作業を続けることも。2日間くらい家から出ないこともあります。

おかげでこんな日も。

1日44歩って!!

これはもはや生命の危機。ですから外に出て作業したい!という気持ちになりました。

ちょうどタイミング良く、先月7月に突然発表されたばかりのMacBook Pro 2018の購入を考えてみました。

ちなみに、MacBookやMacBook Airは選択肢に入っていません。僕はLightroomやPhotoshopを使用しますのでマシンパワーは絶対条件。

大きさと重量問題

MacBook Proを買うとなると、まず迷うのが13インチか15インチかですよね。15インチは当初信じられない発熱問題がありましたが、解決しましたので選択肢に入ります。

大きさは実物を見ないと分かりませんのでApple Storeに行ってきました。

MacBook Pro
MacBook Pro

Apple Storeで許可をもらって撮らせてもらいました。

こうして見ると大きさは全然違います。15インチはかなり大きいです。

そしてモバイルですから重量は大切。

13インチ 1.37 kg
15インチ 1.83 kg

約500gの差。これは大きいと思います。実際に手で持ってみたところ、初めに15インチを持つとそれほど重さは感じないのですが、13インチを持ってしまうと15インチの重さをずっしりと感じます。

僕の場合はこれにカメラを持つので少しでも軽くしたいです。

ディスプレイの広さ

作業領域の広さとしては断然15インチです。もし画面の大きさを求めているのであれば迷わず15インチをオススメします。

僕も作業領域の広さは欲しいです。

プロセッサ

処理速度を求めてMacBook Proを購入するので性能面は最も重要です。

僕は基本的にMacを購入する際、カスタマイズでプロセッサを最高のものにするようにしています。下手に妥協して処理の遅さにイライラしたくないので。

13インチ 第8世代の2.7GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.5GHz)
15インチ 第8世代の2.9GHz 6コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.8GHz)

まさかi9の6コアが来るとは。これは性能重視なら断然15インチ。迷う要素がありません。メモリも32Gまで積めます。

高画素の写真の現像や動画を編集するなら絶対に15インチのi9です。メモリも当然32G。予算の都合もあると思いますが、重い作業をするなら6コアIntel Core i9以外の選択肢はないです。

MacBook ProをメインPCとして使うなら15インチをオススメします。Thunderbolt3を使えば簡単に外部ディスプレイの使用もできますしね。自宅では外部ディスプレイの大画面で、外出先ではそのまま15インチの使用がベストでしょう。

グラフィック性能に関しては外付けのGPUという選択肢もありますが、外出先での使用はあまり現実的ではないのかもしれません。

僕はハードな作業は自宅のiMacで行います。

どっちがいいの?

僕の偏見ではありますが、MacBook Proを購入する目安として・・・。

13インチはこんな方にオススメ

  • 性能の高いMacBookが欲しい
  • サブ機として欲しい
  • 本体の軽さを重視したい
  • 性能と軽さと値段のいいとこ取りをしたい
  • 小さいことはいいことだ
  • カフェで15インチを使うのは大きすぎて恥ずかしい
  • ゲームでキャラクターを作成するときはバランス重視型にするタイプ

15インチはこんな方にオススメ

  • 超高性能のMacBookが欲しい
  • メインPCとして使いたい
  • 本体の重さは気にしないから画面の作業領域を大きく取りたい
  • 重さや大きさや値段を犠牲にしてでも性能第一
  • そもそも大きさは正義
  • カフェで15インチの大きさを出せる強いハートを持つ
  • ゲームでキャラクターを作成するときは攻撃特化型にするタイプ

当たり前のことを書いてますが、意外とこういう基本的なところで悩んでる方もいると思うんです。というか、僕の友人は何人か悩んでました。

予算があれば15インチを可能な限りカスタマイズしたいところですが、もし予算があったとしても用途的に13インチで充分ということもありますし、予算は限られてるけど15インチじゃないと厳しいということもあると思います。

ですから最終的には予算と用途によって選択を・・・、と言っては身もふたもないので、要約すると、

性能と画面の大きさなら15インチ
軽さと携帯性と値段なら13インチ

ということですね。

まとめ

今回のMacBook Proは相当完成度が高いと思います。歴代トップではないでしょうか。MacBook Proを買うなら今だと思います

遅くなればなるほど、新しいマシンが出る可能性が上がり手を出せなくなるのがAppleです(笑)。

とは言っても安い買い物ではないので僕も購入を悩んでましたが、結局悩んでる時間がもったいない。時間は有限ですから、早々に購入して早いうちから使うことに時間的価値があります。

これは僕の考え方なのですが、人生において1番価値があるものは時間だと思っています。

悩んで1ヶ月後に買うのと、決断して今買うのでは1ヶ月分の作業効率に差が出ます。悩むこと自体にも時間を浪費しますしね。

そんなわけで僕は決断しました。

次回はMacBook Pro購入編です。

-ガジェット
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.