カメラ 撮影記

登山初心者が独りで高尾山に登ってみた

投稿日:2018/09/19 更新日:

高尾山

以前から気になっていた登山にチャレンジしてみようと計画。

初心者が独りで安全に登れる山ということで、僕が最初にチョイスした山は高尾山

年間260万人を超える世界一の登山者数を誇る山とか、ミシュラン三ツ星とか、それはもう色々と凄い山。

高尾山はケーブルカーとリフトを使えば簡単に頂上まで行けますが、それでは意味がない。自分の足で登って頂上でカレーを食べるのが目的です。

高尾山へ

当日は朝から雨。

しかし、タイミングよく雨は午前中にやんだので、超絶晴れ男の自分を信じていざ高尾山へ出発。

電車に揺られること1時間。高尾山口に到着。

高尾山高尾山口駅初上陸!
高尾山高尾山はいくつかルートがあります。今回は登山道を味わいたいので稲荷山コースをチョイス。

登山開始

稲荷山コースは全長3.1km。所要時間は約90分とのこと。

初心者には丁度いいですね。

高尾山稲荷山コース入り口。時刻は12:07。
高尾山稲荷山コース0km地点。
高尾山なかなかの階段。がんばろう!
高尾山旭稲荷神社。
高尾山序盤は坂がキツいです。
高尾山ひたすら歩く。

登山後半戦

高尾山あずま屋到着!少し休憩します。
高尾山新宿・池袋方面を一望できる展望台。

休憩終了。しっかり水分を摂って山頂に向けて出発です。

あずま屋を過ぎると比較的なだらかな道になるので、前半の急坂に比べると楽に歩けます。

高尾山雨上がりで気持ち良い気温。汗だくですが。
高尾山2.8kmまで来ました。もう少し。
高尾山最後の難関。ここから200段以上の階段です。
高尾山めちゃくちゃキツい。

登頂!

息を切らしながら200段の階段を登り切り、ついに登頂です。

到着は13:17。12:07に出発したので、かかった時間は70分でした。僕は写真を撮りながら歩いてましたが、普通に歩けば60分くらいで登れると思います。

稲荷山コースはスタート直後の急坂や最後の階段が予想以上にキツかった。なかなかハードでした。それでいて70分で登頂できるのですから、僕みたいな初心者には最適のコースですね。

高尾山高尾山単独登頂成功!!
高尾山頂上からの景色!曇ってるけど気持ち良い!晴れてたら富士山まで見えるそうです。

頂上でカレー

高尾山は山頂とは思えない充実ぶりで店もいくつかあります。

僕が向かうのはやまびこ茶屋。ここで特性カレーを食べます。

高尾山やまびこ茶屋。
高尾山疲れた身体にカレーは最高!おでんとビールも注文してしまいました。

下山開始

頂上からの景色を眺めたり、ソフトクリームを食べたり、居心地がいいので1時間半もマッタリしてしまいました(笑)。

気付いたら14:30を過ぎていたので下山します。

高尾山帰りは川沿いコースの6号路をチョイス。
高尾山下りでも階段はキツい。
高尾山沢に到着。ここを下っていきます。
高尾山これが噂の飛び石!この日の水量はとても少ない。
高尾山でもちゃんと水は流れてます。

下山後半戦

飛び石エリアが終了し、また山道を下ります。

6号路は自然がいっぱいで楽しいです。

高尾山これほど壮大な緑に囲まれているとは。高尾山ナメてました。
高尾山西表島のジャングルトレッキングを思い出すほど。
高尾山神社発見!突然過ぎてちょっとビックリ。
高尾山苔の美。
高尾山ここが琵琶滝水行道場だそうです。

下山完了

6号路の入り口に到着。あと少し。

高尾山自然に囲まれた6号路は楽しかったです。
高尾山七福神。
高尾山ケーブルカーが見えたということは下山完了。

無事下山できました!下りはゆっくり写真を撮りながらでも約60分。

高尾山楽しかったです。安全ですし、登山している充実感も得られました。

高尾山おろしたての靴を慣らす目的でもありました。半日でかなり汚れましたね。
高尾山下山と同時に雨。下山途中じゃなくてよかった。晴れ男の称号は伊達じゃない!
高尾山駅に戻る途中にあったお店で鮎の塩焼きとビールで独り乾杯。

初登山感想

初登山はトラブルなく無事終了。独りでも問題なかったです。

平日で雨の予報だったこともあり、ほとんど人はいなかったので快適に登山ができました。しかし休日なんかは人地獄でしょう。

高尾山は初心者向けと聞きますが、なかなかキツい部分もありました。特に階段はハードでしたね。これで初心者向けだったら上級者向けの山はどうなるんだと。考えただけでも恐ろしい・・・。

それにしても登山の達成感と充実感はハンパないですね。ハマるのも頷けます。僕は緩い感じで充分ですけど。

高尾山は気軽に行けるので、また行こうと思います。カレーも美味しかったですしね(笑)。

高尾山今回のルート。上り:稲荷山コース。下り:6号路。

-カメラ, 撮影記
-,

Copyright© 大佐フォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.