カメラ

CP+に行ってきた1 ニコンのNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctと瞳AFの体験

投稿日:2019/03/01 更新日:

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

カメラの祭典、CP+ 2019に行ってきました。

僕が行ったのは初日の2/28。人混みが苦手だし、カメラも持ってるので1番入場者数が少ないであろう初日をチョイス。

なお、僕が見て回ったブースはかなり偏ってます。ソニーやキヤノンの方々はすみません。見てないです・・・。

それでは、CP+のレポートです。

パシフィコ横浜

この日は生憎の雨でしたが、みなとみらい駅から会場のパシフィコ横浜までは濡れずに歩いていけます。

カメラを持つと傘は邪魔ですからね。ありがたいです。僕は少しでも荷物を減らしたいので傘すら持たずに行きました。

CP+最寄駅はみなとみらい駅です。
CP+この写真は帰りに撮ったんですが、セミナーやってた鉄道写真家の中井精也さんが写ってる。全く気が付かなかった(笑)。
CP+招待券で入場。一般です。
CP+ドキドキの入場。

Nikon

まず向かったのが、我らがニコンブース。

今年のニコンはZシリーズがメイン。僕もZ6ユーザーですので力を入れてくれるのは嬉しいです。

CP+ニコンブース!

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

ニコンブースでもメインの1つ。

いや、CP+全体でもメインの1つになるであろう究極のレンズ NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct

開発中のレンズではありますが、試写ができるのでさっそく体験です。

僕が並んだ時はそれほど並んでなかったので10分ほどで触れました。触れる時間は1人3分。なお、1時間後くらいに戻ってきたら物凄い行列になってました。

CP+ついにこの目で見られる。
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S NoctZ7とNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct。レンズがデカい!
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctこの威圧感(笑)。カッコいいじゃないですか。
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S NoctF/0.95だもの。口径は82mm。

三脚に乗っているので持つことができず、重さは分かりませんでした。

このレンズはAFではなく、マニュアルです。f/0.95だと被写界深度はとても薄いですが、ZシリーズはEVFでもピーキングが表示できるので問題ないと思います。

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct外部モニターに映ったものですが、F/0.95でピーキングするとこうなります。

撮影データの持ち帰りができないため、液晶モニターに映った映像を撮りました。

もちろん、ニコンの方に許可は取っています。

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctf/0.95で撮影。
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctf/16で撮影。

持ち時間の3分があっという間に過ぎてしまいました。

トロけるような滑らかな超極上なボケ。そして、立体感が凄まじい。僕は以前 24mm f/1.4 を持ってましたが、ボケも立体感もそれ以上。玉ボケも完璧。これは最強の夜景レンズになるのでは。ノクトの名称は伊達じゃないということですね。

正直、このレンズに触ったことを後悔しました。欲しい。凄く欲しい。でも買える価格ではないだろうな・・・。噂では100万円コースだとか。

なお、発売は2019年とのことでしたが、まだ発売日も価格も未定。デザインも開発中のため変わる可能性があるそうです。

NIKKOR Z 58mm f/0.95 S NoctNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctのカットモデル。
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctこの展示場所はブースの側面にあるので分かりづらいかもしれません。誰も見てる人いなかったですし(笑)。

瞳AF

続いて、5月にバージョンアップが予定されているZシリーズの瞳AFの体験です。

Z7のスペックが発表された当時、瞳AFが搭載されてなくて物凄く叩かれてましたからね。僕は人物を撮らないので瞳AFがなくても問題ないのですが、機能としては気になるところ。

瞳AFこちらも並びましたが、10分ほどで順番が来ました。
 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sカメラは選べません。僕が当たったのはZ6とNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S。
瞳AFキッチリ瞳にピントが合ってます。動いても追従します。

僕はソニーの瞳AFが分からないので比べることはできませんが、かなり頑張っていると思います。

ただ、1つだけ。ソニーブースで少しだけ見た、左右別々に合わせられる最新の瞳AFは凄すぎてビビりました(笑)。正直あのレベルではないです。これはソニーに一日の長があるでしょう。

一応動画を撮ったのでご覧ください。追従を見るためカメラを素早く動かしてますが、瞳AFが必要な撮影で大きく動かすシチュエーションってないと思うので、このレベルで充分ではないでしょうか?どうですかね。

ソニーが凄すぎるのは仕方なし。

NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

4月に発売予定のNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sをじっくり試しました。

ZシリーズのキットレンズでもあるNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sがなまじ素晴らしいレンズなので、明るいとはいえ同じ焦点距離のズームを買う必要があるのか気になるところです。

 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SFマウントの24-70mm f/2.8に比べるとコンパクトですが、それなりに大きいです。
 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 SZシリーズに見慣れてくると、カッコよく見えるから困ります。
 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sレンズ情報パネル。
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S絞り値、撮影距離、被写界深度をボタンで切り替えて表示できます。
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sこちらは撮影距離。
 NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sf/2.8で撮ってます。

僕はZ6とNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを持って行ったので、両方とも開放で同じ写真を撮り比較してみました。

液晶モニター上ではありますが、f/2.8のボケを見てしまうとf/4では満足できなくなってしまいますね。

NIKKOR Z 24-70mm f/4 Sも素晴らしいレンズですが、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sを体験するとこちらがワンランク上だと分かりますし、欲しくなってしまいます。本当に困ったものです。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 S

同じく4月に発売のNIKKOR Z 14-30mm f/4 Sもトライ。

目の前のモデルさんを撮りました。開放からしっかりと解像してたと思います。

できれば風景も撮ってみたかった。ただ、僕の想像ですが、f/4ですけど星空撮影にも力を発揮してくれる良レンズだと思います。

Zマウントのf/4ズーム、いわゆる小三元は今のところ文句ないです。これで充分。まあf/2.8を触ってしまうと厳しいですが、上を見るとキリがない。軽さとコンパクトを求めたらZマウントのf/4ズームは最強でしょう。

NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sとてもコンパクト。
NIKKOR Z 14-30mm f/4 Sこの焦点距離で普通にフィルターが付くって凄い。

Zシリーズ

Zシリーズの今後について、レンズのモックも展示されてました。見たかったんですよね。

僕が1番気になるのは、今年発売予定のNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 Sです。これ次第でZマウントに完全移行しようと思ってます。というか、もう移行する気マンマンですが。

ZシリーズZマウントレンズのモック。右から4番目が70-200mm f/2.8。1番右が14-24mm f/2.8。
Zシリーズバージョンアップが楽しみです。
Zシリーズ出るのか分からなかったバッテリーグリップもしっかり開発してるんですね。
Zシリーズこのモックはちょっとカッコ悪いですが。

感想

ニコンブースだけで合計2時間くらい見てたと思います。楽しかった。

僕はFマウントからZマウントに早く移行したい珍しい人間なので、Zシリーズに色々触れてよかったです。

ニコンの社運をかけた(であろう)Zシリーズ。Zマウントのレンズさえ増えれば浸透すると思うんですけどね。本当に頑張って欲しいものです。

長くなったので、ニコン以外は次回の記事にて。

撮影機材

Nikon D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
Nikon Z6 + NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

久々に持ち出したNikon D850 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRはやはり最高の組み合わせ。

この写りを見ると、これ以上のものはないと思ってしまいますが、とにかく重たい。

本気でD850をZ7に入れ替えようかと考えてます。最大のネックはお金の問題なんですけどね(笑)。NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sも欲しいですし・・・。

CP+ 2019シリーズ

関連記事
NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct
CP+に行ってきた1 ニコンのNIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noctと瞳AFの体験

カメラの祭典、CP+ 2019に行ってきました。 僕が行ったのは初日の2/28。人混みが苦手だし、カメラも持ってるので1番入場者数が少ないであろう初日をチョイス。 なお、僕が見て回ったブースはかなり偏 ...

続きを見る

関連記事
CP+
CP+に行ってきた2 LUMIX SシリーズやRICOH GR IIIは最高だった

CP+ 2019の続きです。 前回の記事はニコンだけで終わってしまいましたが、ニコン党の僕でも気になるカメラやレンズはありました。 今回はそんな気になったブースをピックアップしてみました。 Panas ...

続きを見る

関連記事
CP+
CP+に行ってきた3 中古カメラフェアは宝の山だった

Cp+ 2019編のラストです。 時間的都合で素通りしてしまったけど、やっぱり気になるからブースの写真だけは撮りました(笑)。 大きなブースはセミナーなんかもやっていたので歩きながら覗いてみたり。楽し ...

続きを見る

-カメラ
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.