旅行記

井の頭公園で野生化したワカケホンセイインコを撮影してきた

投稿日:2020/03/15 更新日:

ワカケホンセイインコ

ちょっと所要があり吉祥寺へ行ったので、ついでに井の頭恩賜公園へ行ってきました。

以前行った時はたいした野鳥も見られず幻滅したのでリベンジです。

野鳥と梅の花を中心に狙います。

関連記事
井の頭公園
【都内ハイキング2】井の頭公園と井の頭池で野鳥撮影とハイキング

都内ハイキングにハマってる今日この頃。 先日は杉並区にある和田堀公園へ行ってきました。 思ったより野鳥も豊富。 イメージ以上の撮影ができてとても楽しかったんですね。 都内ハイキングでも満足度は高いこと ...

続きを見る

カワセミ

井の頭公園に着いてすぐカワセミの鳴き声が聞こえました。

すぐ近くから聞こえるので辺りを見渡すと、目の前の木の枝にとまっている!

公園について1分でカワセミ遭遇はラッキーでしたね。

そういえば井の頭公園でカワセミを見たのは初めてです。

カワセミカワセミ。
カワセミ歩道からすぐ近くの場所でしたが、しばらく逃げずにじっとしてました。

梅林

梅林に到着したものの、井の頭公園の梅は残念ながらほぼ枯れてました。

この日は3月上旬で、まだ大丈夫かと思ってたんだけど遅かったようです。

梅とメジロのセット、ウメジローを撮りたかった。

まあ枯れた梅の花も風情があってよかったですけどね。

井の頭公園枯れた梅の花。
井の頭公園儚いですね。
井の頭公園一輪だけ残る梅の花。

ワカケホンセイインコ

梅林の付近を歩いていいたら、異常に大きな鳥の鳴き声が聞こえるんですね。

何の鳥だろうと思って探してみると木の上に緑の鳥。

緑の鳥?まさか!?

と思いよく見ると、やっぱりワカケホンセイインコでした。

都内で見られる野鳥としては異色なワカケホンセイインコ。

初めて知った時は、「え?野生のインコ?日本にいるの?」と驚いたものです。

1960年代にペット用として輸入されたワカケホンセイインコが、大量に逃げ出して野生化してしまったそうす。

ワカケホンセイインコ派手なのですぐ見つけられます。
ワカケホンセイインコ身体は結構大きいですね。体長は30〜40cmといったところ。
ワカケホンセイインコ実際に見ても、これが野生とは信じられない。
ワカケホンセイインコ2匹でいるところ。ツガイですかね。エサを分け与えてました。

まとめ

暖冬の影響か、梅の花は終わるのが早かったです。

まだイケると思ったんですけどね、残念。

そして、強烈なインパクトのワカケホンセイインコ。

鳴き声なんて驚くほど大きい。

鳴き声なんて優しいものじゃなく、もうホイッスルレベル。

もしこれが近所で鳴いてたらストレス溜まりそう。

糞害や農作物へ被害、生態系などにも影響もあるそうです。

まあワカケホンセイインコから見れば勝手に日本に連れてこられただけですけど。

むしろよく日本の冬に対応できたなと思います。

なお、ワカケホンセイインコは2月~4月になると桜の花蜜をよく食べるそうです。

ってことは、桜が満開になる頃に、井の頭公園では桜の花蜜を食べるワカケホンセイインコを発見できるかも。

それはそれでちょっと見てみたい。

桜が咲いたら探しに行ってみたいと思います。

撮影機材

・Nikon Z7
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
created by Rinker
ニコン
¥299,800 (2020/07/13 10:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

-旅行記
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.