ガジェット

最後のインテルMac!16インチ MacBook Proを購入

投稿日:

16インチ MacBook Pro

16インチ MacBook Proを購入しました。

私のMacはメインである2017年の27インチ iMacと、サブで2018年の13インチ MacBook Pro

これに16インチ MacBook Proが加わり3台体制になります。

意味あるのかという(笑)。

一応、iMacも13インチMacBook Proも現役バリバリなんですけどね。

ただ、外で動画編集などのマシンパワーを必要とする作業をすることになりまして購入に踏み切りました。

それと今回はWindowsも使用することになったのでインテルMacが必要でした。

恐らくM1チップが搭載される前の、最後のインテルMacとなる16インチ MacBook Proですからね。

スペック

スペックはSSDの2TB以外、全て最上級をチョイスしました。

プロセッサ
第9世代の2.4GHz 8コアIntel Core i9プロセッサ(Turbo Boost使用時最大5.0GHz)

メモリ
64GB 2,666MHz DDR4メモリ

グラフィックス
AMD Radeon Pro 5600M(8GB HBM2メ‍モ‍リ搭載)

ストレージ
2TB SSDストレージ

お値段は548,680円(税込)。

ヤバいですね。

しかし、カメラをやってると「50万円か。レンズ2本買ったようなものだし」と、金額に対しての感覚が狂ってます。

困ったものです。

ちなみに、SSDを最高の8TBにすると746,680円(税込)です。

さすがにここには手が届きませんでした。

ただ、動画系は2TBどころか8TBですらすぐに埋まりますので、外付けのHDDで対応しようと思います。

16インチ MacBook Pro

開封

さっそく開封です。

Apple製品の最大の楽しみは開封だと思ってます。

このワクワク感がたまりません。

16インチ MacBook Pro16インチ MacBook Proの外箱。なかなか大きいです。
16インチ MacBook Proカラーはシルバーをチョイス。美しい。
16インチ MacBook Pro13インチと並べてみました。ちなみに、13インチはwraplusスキンシールを貼ってます。
16インチ MacBook Pro重ねてみました。こうしてみると16インチは大きい、というか13インチがコンパクトです。
16インチ MacBook Pro各種アプリのインストールも終わって設定完了してる状態です。13インチはトラブって再起動中(笑)。
16インチ MacBook Pro共有する可能性もあるので日本語キーボードを選択。
16インチ MacBook Pro不評のTouch Bar。私は13インチで慣れました。慣れると便利です。
16インチ MacBook Proもうこれがないとやってられないほどの便利さを誇るTouch ID。
16インチ MacBook ProThunderbolt3ポートが片面2つ合計4つとミニジャックがあります。

付属品

付属品といっても、電源アダプターと電源コードだけです。

なお、この電源コードではターゲットディスクモードのデータのやり取りはできないので注意が必要です。

関連記事
Thunderbolt3ケーブル
要注意!新MacBook Proの充電ケーブルはターゲットディスクモードが使えない

新MacBook Proを購入したので、僕の旗艦PCであるiMacの環境をそっくりそのまま移行します。 なのでMacBook Proで最初にやることは、移行アシスタントを使ってiMacからのデータ移行 ...

続きを見る

アダプターは96w。

13インチは61wでしたので二回りほど大きくなってます。

16インチ MacBook Pro左が16インチ、右が13インチ用のアダプター。
16インチ MacBook Pro消費電力の違い。

ファーストインプレッション

16インチはとにかく画面が大きい。

13インチとは比較になりません。

これほどまでに作業領域が変わるとは・・・驚きました。

作業効率は段違いですね。

これ使っちゃうと13インチに戻れないかも・・・というレベル。

ディスプレイが綺麗なのは言うまでもありません。

スピーカーの音も相当いいですね。

外出先ではBluetoothのヘッドホンを使用しますが、自宅では本体のスピーカーで全く問題ありません。

バッテリーの持ちに関しては、ガッツリ動画編集してたら半日ほどで100%から0%になりました。

それでも13インチに比べるとかなり持つという印象です。

あと今回は日本語キーボードにしたので、USキーボード使いの私としてはかなりのストレス。

癖ですぐ⌘+スペースを押してしまいます。

ただこの16インチは共有する可能性があるので私が慣れるしかない。

キーボード自体のタッチは良好です。

文字入力しやすいですね。

そうそう、トラックパッドが大きすぎて、気付かないうちに左手が触っていて予期せぬ動きとなることがありました。

デスクの上で作業するならUSキーボードとトラックパッドが欲しいけど、純正って鬼高いですからね。

純正のキーボードとトラックパッドで3万円・・・。

無理だ・・・。

Big Sur

私の他のMacのOSはCatalinaです。

Big Surにアップデートする気にならず様子見していました。

しかし、16インチ MacBook ProのOSはBig Sur

嫌でも使うしかありません。

で、使ってみたところやはり大幅に変わってました。

今回の印象は新しい機能というより表示関連が一新。

かなり戸惑います。

フォルダのツールバーの表示が左寄りから右寄りになってました。

Safariもツールバーがとても見にくい。

本当に最悪です。

まあ慣れるしかないですね。

でも慣れたら他のMacもBig Surにバージョンアップするでしょう。

あ、メニューバーに追加されたコントロールセンターは使いやすいです。

iOSに近くなった印象です。

なお、今回は他のMacからのデータ移行はせずにゼロからスタートです。

必要なデータは他のMacからターゲットディスクモードで抜き取りました。

私の経験上、何台かに1回はこれをやらないと不要なデータが溜まっていき収拾がつかなくなります。

16インチ MacBook Pro

スキンシールやキーボードカバー

今回は13インチのようにwraplusスキンシールを貼ることもなく、裸のまま使用するつもりです。

よくよく考えてみたら、どうせ道具だし別に傷くらい付いてもいいかなという気持ちになってきました。

もし傷が付いたら勲章ということで、むしろ誇ろうと思います。

キーボードカバーも付けずに使用します。

カバーがない方が圧倒的にタイプしやすいですからね。

関連記事
wraplusスキンシール
新MacBook Proにwraplusスキンシールを綺麗に貼る方法

購入したMacBook Proは、基本的に外出先で使うのでバッグに入れて持ち運びます。 この時、もし間違えて家の鍵と一緒に入れてしまい傷が・・・なんて恐ろしいことを想像したらボディの保護は必須です。 ...

続きを見る

関連記事
moshiキーボードカバー
MacBook Pro用のキーボードカバー moshi Clearguard MBを購入したのでレビュー

MacBook Pro 2018は第3世代バタフライキーボードになり、タイピング音の静音化やゴミの侵入が改善されました。 そのまま使用しても問題ないのですが、外出先で使用するので念のためにキーボードは ...

続きを見る

発熱

Final Cut Proで動画を書き出しするとファンが爆音で稼働。

そして、発熱もなかなか凄いことに。

足の上で作業してるとかなり熱いです。

でも13インチほどではないというのが正直な感想です。

ちなみに、13インチは暖房器具になるほど熱くなります。

Boot Camp

今回この16インチ MacBook Proを購入する理由の1つがBoot Camp

Boot CampとはインテルMacでWindowsが使用できるMac付属のユーティリティ。

しかし、現行の13インチ MacBook Proはもちろん、先日発表になった24インチの新iMacもM1チップ搭載となったためBoot Campが廃止。

Mac OS上で稼働するアプリParallelsもありますが、以前使用した時に全然ダメだったんですよね。

一応、M1チップでもWindowsをインストールする方法はあるようですが、かなり無理矢理やるようなのでパスしました。

なので、この16インチはWindows機としても使える最後のMacBook Proということになります。

まあ私もM1チップに移行したいですけどね。

27インチのiMacでM1が出たら考えます。

16インチ MacBook Pro

Boot CampのおかげでWindowsのインストールは驚くほど簡単。

なお、Boot Campのパーティションは100GBにしておきました。

16インチ MacBook ProWindows 10 Proをインストール。

13インチと16インチを使ってみて

今まで自宅では27インチのiMacを使っていたので、自宅内で13インチのMacBook Proを使うことはなかったのですが、今回16インチを購入したことで激変。

普段全く座らないソファーとかに座って16インチを使用してます。

これはヤバいですね。

自宅の中でも使用したくなります。

画面の広さが想像以上で不足感を感じません。

これほどまでに16インチが最高だとは。

ただ、やはり重くて大きいですけどね。

ですから持ち運びには向かないです。

今回でMacBook Proの13インチと16インチの2台持ちとなった私個人的な感想としては、重さと大きさが許容できるなら(あと金額も)、MacBook Proは16インチをオススメします。

この画面の大きさは本当に最高です。

もちろん13インチにもいいところもありますし、16インチを使用したことで逆に13インチのコンパクトさにも気付きました。

持ち運びは断然13インチです。

というわけで、適材適所で使用していきたいと思います。

まとめ

3年ぶりの新Mac購入。

テンション上がります。

私の用途としては、この16インチ MacBook Proは動画編集がメインとなります。

すでにFinal Cut ProとPremiere Proを使用しましたが、今のところ問題なくサクサク動いてます。

画面領域も広く、1画面でも動画編集は問題ありません(私は普段27インチのデュアルで作業しています)。

持ち運びは少し辛いですが、外出先でもサクサク編集できるのは嬉しいですね。

13インチのM1チップと比較しても、MacBook Proはまだ16インチのインテルMacの方が速いでしょう。

噂では年末頃に16インチもM1になるようですけど。

まあ私はWindows機としても使用するので、これでいいのですが。

しかし今回16インチを購入したことで、13インチ MacBook Proの出番が減りそうです・・・。

それほど16インチ MacBook Proは最高です。

M1チップになる前ですが買って良かったです。

-ガジェット
-,

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.