ガジェット

登山用ザックをカメラバッグとして使う!マムートTrion Spine 50を購入

投稿日:2020/02/03 更新日:

Trion Spine 50

僕のメインカメラバッグはEndurance Ext

痒いところまで手が届くような素晴らしいカメラバッグ。

ただ、カメラの収納に関しては最高ですが、ハイキングやトレッキングだと機能も収納も足りない。

それに最近、もう少し大きいカメラバッグが欲しいと思っていたので、新しいカメラバッグを物色しました。

関連記事
Endurance Ext
カメラバッグ Endurance Ext を購入したのでレビュー

カメラ界には足を踏み入れると抜け出すことができない恐ろしい沼があります。 それはレンズ沼。 買っても買っても抜け出すことができない恐ろしい沼。 レンズ交換式カメラにハマるとまず最初にこの沼にハマります ...

続きを見る

Trion Spine 50

大きいバッグで僕が連想するのは登山用のザック(登山関係ってドイツ語が多いのはぜなんだろう)。

これならカメラや着替えを入れても大きさ的に問題ないし、登山で使うくらいですから耐久性も高いはず。

本格的な登山をする予定はないのですが、トレッキングも楽しいし登山用ザックを1つ持っていてもいいかもしれない。

どうせならカメラバッグとしても使えるような物が欲しい。

ということで、マムートのTrion Spine 50を購入しました。

Trion Spine 50

Trion Spine 50

実は当初35リットルのTrion Spine 35を購入するつもりでした。

しかしショップで両方とも背負ったところ、外寸はそれほど大きく変わらない印象。

それでいて50リットルの収納力は高く、望遠クラスのレンズを入れても余裕があることからTrion Spine 50をチョイスしました。

定価42,000円がセールで30%オフの29,400円(税別)。

セールでも高いけど、カメラバッグもこのくらいはするので値段的には変わらない。

フロントアクセス

カメラバッグとして購入するので使いやすさは大切。

このトリオン スパインを購入した最大の理由はフロント開閉ができる点。

カメラの出し入れのことを考えると、いちいちトップから出し入れはできません。

フロントアクセスなのでサクッと出し入れができます。

Trion Spine 50フロント全体がガバっと開きます。中身も丸見え。

三脚

Trion Spine 50

Trion Spine 50

写真の通り、トリオン スパインはスキー板の運搬を想定したガチな設計になっています。

そこに三脚をかけられるというのも購入した理由の1つ。

スキー板をかけられるほど頑丈な作りなので、トラベラークラスの三脚なら全く問題ないです。

ストックなどをかけるポールキャリアに一脚を付けることも可能。

Trion Spine 50マンフロットのbefreeをかけてみました。
Trion Spine 50カメラ専用バッグかと思うほど収まりがいいです。

サスペンションシステム

トリオン スパインの1番凄い機能がActive Spine Technology採用のサスペンションシステム。

背面部分とヒップベルトが連動して動きます。

さらにこの背面の長さも調節できます。

常に身体にフィットする構造で疲労を緩和してくれます。

これほんと凄いですよ。

Trion Spine 50

Trion Spine 50

Trion Spine 50この背面が動きます。
Trion Spine 50身長に合わせて、背面の長さも調整可能。
Trion Spine 50通気性も抜群。

トップローダー プロ 75 AW IIを入れてみる

70-200mm f/2.8クラスの望遠レンズを本体に付けたままでも入るカメラバッグのトップローダー プロ 75 AW II

これをトリオン スパインに入れてみました。

Trion Spine 50

Trion Spine 50

余裕ですね。

縦でも横でも問題なし。

凄まじい収納力です。

トップローダー プロ 75 AW IIを入れた状態の外見。

荷物が入ってるように見えません。

Trion Spine 50

Trion Spine 50

トップローダー プロ 75 AW IIは身体の前面に固定することも可能なバッグになってます。

ですので、登山の時は背中にトリオン スパイン、お腹側にトップローダー プロ 75 AW IIという使い方もできます。

ヒップベルト

ヒップベルトの左側にはジッパー付きのポケット。

右側にはギアループが付いてます。

Trion Spine 50ヒップベルトに付いてるギアループ。カラビナをかけることができます。

なお、トリオン スパインにはドリンクホルダーが付いてません。

僕は別途Add-on bottle holderを購入しました。

価格は2,800円。ちょっと高い。

これをヒップベルトに装着すると丁度いい感じ。

トリオン スパインを使わない時は他のバッグに付ければいいので、使い勝手はいいです。

Add-on bottle holderAdd-on bottle holder。
Add-on bottle holderヒップベルトに装着。必要な時だけ装着できるので、逆に便利かもしれません。

セールマジック

さて、価格なんですが、これがちょっと面白いんですよ。

Trion Spine 50の定価は42,000円。セールの30%オフで29,400円(税別)。

税込みだと32,340円

今シーズンのマムートのセールは、セール商品を2つ以上購入すると合計金額からさらに10%オフになります

ってことは消費税分が相殺されるようなものなので、3,000円くらいのものだったら実質タダで買えることになります。

セール品で1番安いものを探していたら、店員さんがウエストポーチのNeuveville Bumbagを用意してくれました。

このヌーヴヴィル バムバッグのセール価格は4,000円の20%オフで3,200円(税別)。

29,400円+3,200円=32,600円。ここから10%オフで29,340円。これに消費税10%が2,934円。

トリオン スパインとヌーヴヴィル バムバッグを両方買ったらと、税込みで32,274円になりました。

トリオン スパインを単体で買うより若干安くなった上に、結果的にヌーヴヴィル バムバッグがタダで付いてきたということになります。

セールマジックですね。

なので、単体で買うともったいないです。

Neuveville Bumbagヌーヴヴィル バムバッグはかなり小さいウエストポーチ。
Neuveville Bumbag財布が入るくらいの深さしかありません。

まとめ

正直カメラバッグってデザイン的に洗練されてないものが多いですけど、Trion Spine 50はデザインがカッコいい。

そして機能は豊富だし収納力も抜群。耐久性は申し分なし。

登山用だと派手なカラーが多いけど、これはブラックでなので登山以外にも旅行・キャンプ・撮影など、様々なシチュエーションで使えます。

カメラや三脚、着替えなど全部入れてどこへでも行けるバッグです。

なお、今回のセールでこのカラーは絶版になる模様。

2020年モデルを見せてもらったんですが色はグレーでした。

デザインや機能面は変わらないようです。

個人的にはこのブラックの方がいいので、このタイミングで購入してよかったです。

created by Rinker
MAMMUT(マムート)
¥27,320 (2020/11/28 14:22:06時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事
Ducan High GTX(R)
歩くのが楽しくなるマムートのトレッキングシューズ!Ducan High GTXレビュー

登山用品のブランドマムート。 僕はこのマムートが好きで、登山もしないのにアウター・シューズ・グローブ・バッグ等、かなりのアイテムを持ってます。 マムートのマンモスぬいぐるみも2つほど持ってたり。 マン ...

続きを見る

関連記事
Seon HS Thermo Hooded Coat
暖かさ最強!マムートのアウターSeon HS Thermo Hooded Coatを購入したのでレビュー

昨日、セール中のマムート吉祥寺店へ行きましたが、気になってたジャケットは売り切れ。 そこでなぜかトレッキングシューズDucan High GTXを購入してしまったのが前回のお話。 まあ、このDucan ...

続きを見る

-ガジェット
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.