ガジェット

ソニーのヘッドホン MDR-CD900STの修理とパーツ交換

投稿日:

MDR-CD900ST

ソニーのヘッドホンMDR-CD900ST

レコーディングスタジオやテレビ局など、おおよそ音響が関わるところでは必ず使用されているヘッドホン。

定番中の定番です。

私もDTM用に購入しました。

購入したのはもう20年ほど前。

MDR-CD900STのフラットで癖のない、音源そのままを正確に聴かせくれるピュアな音は音質チェックに欠かせません。

とはいうものの最近はシビアなDTMはやってませんし、動画編集時は便利さからBOSEのBluetoothヘッドホンBOSE SoundLink around-ear wireless headphones IIを使用してます。

Bluetoothの環境がなかったり、シビアな音質チェックだとこのMDR-CD900STの出番です。

しかし10年くらい前から、よくこんな状態で使っているなというほどボロボロでした。

今回はそんなボロボロとなったMDR-CD900STを修理しました。

関連記事
SoundLink around-ear wireless headphones II
BOSEのワイヤレスヘッドホン SoundLink around-ear wireless headphones IIを購入

以前、BOSEのBluetoothスピーカーを購入しました。 これがかなりの優れもので大活躍しています。 関連記事 そして、今更ながらBluetoothが便利だと思い、集中して音楽を聴くために今度はワ ...

続きを見る

MDR-CD900STのパーツ

MDR-CD900STはプロ仕様なので、パーツも単体で販売されています。

長年仕様の変更もなく安心して使用することができるヘッドホン。

ここら辺も愛されてる理由でしょう。

パーツは簡単に手に入ります。

今はネットで購入するのが1番簡単でしょう。

オススメはサウンドハウス

私もサウンドハウスで購入しました。

修理開始

実はヘタれてきた10年ほど前に、修理しようとパーツだけは購入していました。

修理しなきゃと思いつつも早10年(笑)。

なぜこのタイミングで修理しようと思ったかというと、部屋の大掃除をしたら修理用のパーツが出てきたから。

すっかり忘れていました(笑)。

というわけで、10年越しの修理です。

購入してあったパーツは以下の3種類合計5個。

・MDR-CD900ST用イヤーパッド 1,100円×2
・MDR-CD900ST用プラグ付コード 2,640円
・ウレタンリング 121円×2

コードを交換するのでハンダゴテも必要です。

これも10年前に購入していました(笑)。

では修理開始です。

MDR-CD900ST非常に汚いMDR-CD900ST。なんかごめんなさい。
MDR-CD900ST中のコードが剥き出しになってしまっています。
MDR-CD900STイヤーパッドもボロボロで中のスポンジが見えてる状態。
MDR-CD900ST購入してあったパーツたち。
MDR-CD900STイヤーパッド、コード、ウレタンリング。10年前に買ったのに綺麗ですね。

分解

ここから分解に入ります。

ボロボロのイヤーパッドを外すと、すぐに中身が出てきます。

想像以上にシンプルな作りです。

MDR-CD900ST恐ろしいことにウレタンリングが溶けてしまったのかなくなってます。
MDR-CD900STドライバーでネジを外しますが、このドライバーだと・・・。
MDR-CD900STやっぱり合わない!修理できない。

ハンダ付け

実はこのパーツを発見した大掃除の時に、断捨離をして精密ドライバーも捨てていたのでした。

仕方がないので100均へダッシュ。

精密ドライバーを買ってきました。

1年以上触ってないものは容赦なく断捨離をするという決意で、人生最大級の断捨離をしたのがいけなかったようです。

気を取り直して修理再開。

ハンダ付けされた古いコードを外し、新しいコードをハンダ付けします。

MDR-CD900ST100均で買ってきた精密ドライバー。
MDR-CD900ST分解。中身は至ってシンプル。
MDR-CD900STこのコードを外すので配線を覚えておきます。
MDR-CD900STハンダで固定されている白赤黒のコードを外します。
MDR-CD900ST10年前に買った新品のハンダごて。
MDR-CD900STハンダ付け完了。

部品交換

続いてなくなっていたウレタンリングの交換と、ヘタったイヤーパッドの交換です。

ちなみに、白いリング(前面レジスタ)、黄色いスポンジみたいなやつ(ミクロングラス)、銀色のカップみたいなやつ(ドライバーユニット)も交換できるのですが、今回は購入してないのでそのままです。

また機会があったら交換します。

MDR-CD900ST新しいウレタンリングを貼り付けます。
MDR-CD900ST両面テープになっているので、まずは全部を貼り付けます。
MDR-CD900ST貼り付けたら切り目がついてる真ん中を取り除き完了。これ数年に一度のペースで交換したほうがいいですね。
MDR-CD900ST新品のイヤーパッドとボロボロのイヤーパッド。
MDR-CD900STイヤーパッド交換完了。ハメるのに少し手こずりました。
MDR-CD900STハウジングを拭き取ったら綺麗になりました。ちなみに、このハウジングも売ってます。
MDR-CD900ST修理完了!とても綺麗になりました。

まとめ

MDR-CD900STのコード、ウレタンリング、イヤーパッドの交換と、可能な限り汚れを落として見事に復活です。

音質は交換前よりクリアになったような気もしますが、それほど変わりはないかなと。

交換前のあの状態でも音はしっかり出ていましたからね(笑)。

さすがMDR-CD900STです。

あ、でも見た目が綺麗になり、イヤーパッドも新品になったので気分はとてもいいです。

交換にかかった時間は約30分。

途中で100均へ買い物に行ったので、それを含めると約1時間。

交換は意外と簡単でした。

またしばらくしたら他のパーツも交換したいと思います。

というわけで、今日は久しぶりにお気に入りの音源をMDR-CD900STで聴きたいと思います。

-ガジェット
-

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.