雑記

大掃除をしたので粗大ごみ回収業者 きれスタに依頼してみた

投稿日:

きれスタ

先日、部屋の大掃除をしました。

そして人生最大級の断捨離も。

全く使ってないもの、今まで捨てられなかったもの等々、1年以上触ってないものは処分するという自分ルールを課してスタート。

GWの連休を3日間も使って無事大掃除完了。

ゴミが大量に出たので、粗大ごみに関しては回収業者きれスタさんへ依頼しました。

今回はその顛末と感想です。

正直当初は半信半疑で、最悪人柱になればと思ったけど、そんなことはなかったです(笑)。

行政の粗大ごみ回収

3日間も続いた大掃除。

燃えるゴミ、燃えないゴミ合わせて十数袋、そして粗大ごみ。

通常のゴミの日に出せるゴミは出しました。

問題なのが粗大ごみ。

行政の粗大ごみ回収を調べたところ、現在は1ヶ月〜1ヶ月半以上待つ模様。

その間自宅に置いておかなければなりません。

せっかく掃除したのだから早くごみを処分したい。

自分で粗大ごみセンターへ持ち込もうと思ったけど、私の地域ですと大きさ問わず1回5点までという縛りがありました。

今回の粗大ごみは5点以上あるから何度も行く必要があります。

早く簡単に処分したいので、行政よりはお金はかかりますが粗大ごみ回収業者に頼むことにしました。

きれスタ

ネットで業者を検索すると、たくさん出てきました。

色々と検討した結果、軽トラパックが9,500円(税込み)のきれスタさんに決定。

きれスタ

理由は、今回の量であれば軽トラで充分だと思われるのと、探した中では1番安かったから。

しかしですね、こういう業者って後から追加料金がかかり莫大な料金を請求されるなどのトラブルも聞きます。

トイレのつまりとか、物干し竿とかでよく噂を聞きますからね。

まあでも何かあったら人柱になって注意喚起できればいいという思いで申し込んでみました。

サイトから申し込みすると、1時間ほどで電話がかかってきました。

内容は要約するとこんな感じです。

・申込みは9,500円だが実際の量を見て見積もりする。
・見積もりだけなら無料。
・見積もり時に料金等合意すればそのまま回収する。
・量によっては追加料金となる。

とのことだったので、そのまま見積もりを依頼しました。

見積もりといってもトラックで自宅まで来て頂けるので、見積もり=回収ですけどね。

なお、私としては牽制として「予めお伝えしますが、料金が9,500円を超えたらお断りします。その旨はご理解ください」と伝えました。

電話対応の方はそれに関しては問題ないことと合わせて「もし9,500円を超えても、9,500円分のみ回収することも可能です」と説明してくださいました。

この時点である程度の予想は付きました。

恐らく9,500円は本当。

ただ、絶対に追加料金を乗せてくるだろうというのも分かりました。

なお、電話の対応はとても丁寧でした。

それだけでも信用できる会社と判断材料になります。

日時の調整を行った結果、申込みから約一週間後に見積もりとなりました。

見積もり

見積もり当日、回収担当の方が自宅に来てくださいました。

そして実際に粗大ごみを見て見積もりスタート。

スマホで全ての粗大ごみの写真を撮り一旦会社に送信し、正式な見積もりを出すというシステムだそうです。

これが今回の粗大ごみの量です。

きれスタ

・棚×6
・カラーボックス
・120cmの板×3
・突っ張り棒×3
・スキー板
・スキー靴
・寝袋
・三脚
・キャリーカート
・音楽機材
・ロングエフェクターケース

このゴミの量を見た回収担当の方の予想では、カラーボックスが追加料金になると可能性が高いとのこと。

理由は後述します。

10分もかからず会社から返答。

回収担当の方の予想通り、追加料金が発生して12,000円となりました。

ただ、追加料金分はカラーボックスのみで、カラーボックスを除くと9,500円で収まるそうです。

私は元々9,500円以上支払うつもりはなかったので、カラーボックスは断念。

カラーボックスは行政の粗大ごみに出します。

注意点

追加料金となった理由です。

今回の軽トラパックに関して、サイトには2㎡までと書いてあったけど高さが不明でした。

きれスタ

当初の私の予想だと面積は2㎡、高さはある程度の範囲(常識の範囲)で乗せ放題かなと思っていましたが、実際は高さはトラックの荷台高である30cmまでとのこと

高さが不明だった点を回収担当の方に伝えたら、この高さはどこの回収業者も同じなんですとのことでした。

またサイトに記載がないことに関しては、申し訳無さそうにしていました。

恐らく、高さは明記せずに追加料金を取っていくスタイルなんでしょう。

だって高さ30cmの粗大ごみなんて、そうそうないですから。

まあ別にこれが悪いことではないのですが、こういうスタイルが業界の不明瞭というか怪しさを感じる要因だと思うんですけどね。

回収

カラーボックスを除く9,500円分の回収を正式にお願いしたところ、自宅近くに停めてあったトラックが自宅前まで来ました。

いやー、驚きました。

軽トラパックでお願いしてたので軽トラで来るのかと思いきや普通のトラックでした(笑)。

きれスタ

カラーボックス以外を回収して終了。

回収時間は30分もかかってません。

私は何もしておらず見てるだけ。

とても楽でした。

参考までに回収担当の方にどんな物が回収可能か伺ったところ、産業廃棄物以外はほぼ回収可能で、家電リサイクル法の品目やPC等は別途リサイクル料金がかかるとのことでした。

まとめ

初めて粗大ゴミ回収業者を利用しました。

きれスタさんを利用した感想としては、明瞭会計とはいきませんでしたが、トラブル等は一切なく問題ない業者さんという感想でした。

電話対応も回収担当の方の対応も丁寧で好感が持てましたしね。

ちなみに、今回電話対応時も回収時も引っ越しかどうか何度も聞かれましたが、恐らく引っ越しならそれはそれで違う営業をかけて来るのかなという印象を受けました。

そうそう、きれスタさんのサイトに古物商許可はありましたが、一般廃棄物収集運搬業の許可はありませんでした。

大元の会社であるYTK株式会社に関しても、私の住んでいる市区町村の一般廃棄物収集運搬業の登録はありませんでした。

しかし調べたところ、一般廃棄物収集運搬業ってどの市区町村も新規の登録はほぼ受け付けてない模様。

なので古物商許可だけで問題ないんでしょうね(ここら辺は分からなくて申し訳ないです)。

なお、引取をお願いしなかったカラーボックスは行政の粗大ごみに出します。

回収は1ヶ月後で料金は400円。

今回の追加料金の2,500円よりも遥かに安いですし、カラーボックス1つなら自宅に置いておけるので1ヶ月待つことにします。

というわけで、手間や時間をかけてでも安くしたい方は行政の粗大ごみ回収。

お金がかかっても早く簡単にごみを出したい方には回収業者は非常にオススメです。

とにかく楽です。

でも調べると、後から高額請求する業者も存在するようなので、業者選びには注意が必要ですね。

-雑記
-

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.