ガジェット

人柱覚悟でmacOS Mojaveにアップグレードしたのでレビュー

投稿日:2018/10/18 更新日:

ダークモードが何かと話題の新macOS Mojave(モハベ)。

僕もOSをHigh SierraからMojaveにアップグレードしてみました。

High Sierraの挙動に異常?

OSのアップグレードはじっくり様子を見てから行うのですが、どうもHigh Sierraの挙動が異常に重たくなってしまった。

特にクイックルックで写真を表示するのに1〜2秒かかるようになり非常にストレス。一応各種リセットやディスクの修復なども行ったけど効果がなく、どうせなら人柱覚悟でMojaveにすることにしました。

僕のMacは以下の2台。

iMac 2017
MacBook Pro 2018

どちらもMojave搭載の条件を満たしています。

アップグレード

新しいOSにアップグレードするには色々と注意が必要です。

OSを新しくしたことで各種アプリが使えなくなる、各種プラグインが使えなくなるなどは当たり前のAppleですから初めに必ずバックアップ取ります。

アップグレードはApp Storeから画面の指示通りに進むだけ。簡単です。

30分もかからずアップグレード完了です。

昔はOSのアップグレードって覚悟を決めてやる一大事業だったんですけどね(笑)。トラブルはつきもので何度もやり直しは当たり前。時間だって数時間〜数十時間はかかりました。そもそもOS自体有料でしたからね。

ダークモード

さっそくダークモードを使ってみました。

初めは違和感しか感じなかったんですけど、2〜3時間ほどで慣れてきました。

目が楽になった上に画面に集中できます。集中力のない僕には嬉しい機能です(笑)。

ダイナミックデスクトップ

時間の経過とともに、デスクトップの画像も変化していくダイナミックデスクトップ。これは面白いです。

今は夕方なので雲が赤くなってきました。

クイックルック

なんとクイックルック上で画像のトリミングや回転、注釈を入れることも可能になりました。さらに動画のトリミングもでき、凄まじく便利に進化してます。

スクリーンショット

ブログを書いてるとスクリーンショットを撮る機会が多いです。今までは⌘+shift+4で範囲を選択して撮影してましたが、新しく⌘+shift+5が追加されました。

これが非常に便利。

スクリーンショットの保存先も簡単に変更できます。(今まではターミナルから指定する必要がありました)

そして動画のスクリーンショットも撮影できるようになりました。操作方法などの動画が簡単に撮影できます。クイックルックで動画を確認しながら簡単なトリミングもできますからね。いちいち動画編集アプリ立ち上げなくていいとか恐ろしい。

不具合は?

今のところ不具合はありません。また、僕がApple純正以外で多用している以下のアプリも問題はないです。

Lightroom
Photoshop
JPEGmini
Final Cut Pro

Final Cut Proは純正ですけど。

音楽系ですとプラグインが使えなくなり阿鼻叫喚なんて普通なので、音楽系アプリを使用してる場合は様子見が必要かと思います。

そうそう、High Sierraで重たくなってしまったクイックルックは正常になりました。サクサク表示されます。

まとめ

まだアップクレードしたばかりですが、もうHigh Sierraには戻れません。

これができたらいいのにという願望が追加されており、痒い所に手が届く的なOSではないかと思います。これから他の機能等も試してみたいと思いますが、直感的に過去最高のmacOSのような気がします。

これを書いていたら、夜になるにつれてリアルタイムでデスクトップが暗くなってきました!楽しい(笑)。

10/24追記

約1週間ほど使用しましたので、気になった点を挙げておきます。

気になった点

スリープからの立ち上がりが遅い。
Safariの新規画面立ち上げた時にサイドバーを開いてると、下にスクロールした状態で表示される。

この2点が気になってますが、今のところ大きな不具合はないです。

-ガジェット
-, , ,

Copyright© 大佐フォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.