雑記

売却0円!自動車売却でガリバーがオススメできない理由

投稿日:2019/03/10 更新日:

カメラの機材って重いですよね。

フルセットで持っていくと10kgは余裕で超えます。

これをリュックに入れて電車で移動するほどの気力がない僕は、余程のことがない限り自動車で撮影に行きます。意外とカメラ関係で1番お金がかかる機材は自動車かもしれません。

そんな自動車に関して、数年前に売却して新車を購入したので、その時のことをまとめようと思います。

ワゴンR

僕が乗っていたのはワゴンR。確かFT-Sリミテッドだったかな。中古で込み込みで55万円くらいで購入したと思います。購入時の走行距離は70,000kmほどでした。

僕は年間3,000〜4,000kmしか乗らないので、このワゴンRは10年も乗りました。よく10年も乗ったなと思います(笑)。

で、走行距離が100,000kmを超えたこともあり、車検前に手放して新しい車を購入することにしました。

ガリバーで見積もり

僕の先輩に中古車関係の仕事に就いてる方がいるので相談。そしたら、直接中古車市場に流してもらえることになりました。

先輩曰く「ガリバーに見てもらった金額から5万円くらい高く売れると思う。目安になるから1回ガリバーに見てもらいな。ただ、もしガリバーで納得できたらそのまま売ってもいいよ」と言われたので早速見積もりを依頼。

担当者が来て僕のワゴンRを査定。

見積もり金額は0円
値段は付かない上、廃車にする場合は費用がかかる。
即決してくれれば廃車の書類代なども全てガリバーが負担するから費用は全くかからない。大佐様は印鑑を押すだけで何もしなくていい。

とのことでした。

これ、注意して欲しいのがトーク術です。

廃車を匂わせ廃車にお金がかかることを説明してきます。で、ガリバーに預けてくれれば何の費用もかからずに処分できます、というトーク。

そもそも僕は売却すると言ってるのに、いつの間にか廃車にすり替えてるんですね。自分でも古い車と認識してますから、売値が付かないなら廃車にするしかないか、じゃあガリバーに無料で全部やってもらおう、という思考になります。

まあそこら辺は僕もある程度知識があるので、ガリバーの担当者とは色々と話をしてキッパリと断りました。車って余程のことがない限り売れます。日本がダメでも海外で売れます。

実際の売却価格は?

その後、先輩にガリバーとのやりとりを説明し、先輩に売却を依頼し車を預けました。

1週間くらいして連絡があり、先輩もビックリの14万円ちょっとで売れたとのこと。ワゴンRでも人気の形式だったようです。

ガリバーで0円の見積もりが14万円になりました(笑)。

で、かかった費用や先輩への謝礼を渡し、僕は12万円を受け取りました。新車購入の費用になります。

10年間ありがとう、ワゴンR。なお、写真はこれしかありませんでした(笑)。

まとめ

ガリバーも商売ですから、こういった営業は別にいいんですけどね。安く買い叩いて高く売るのが商売ってもんですし。

でも、担当の口車には乗らないように注意してくださいね。車屋だけに(上手いことを言ったつもり)。

さて、次回は自動車購入編です。

関連記事
ウェイク
経最強の居住空間!ダイハツ ウェイクを納車したのでレビュー

自動車を売却した前回の記事。 次は新しい自動車の購入です。 新しい車はヴォクシーにしようかな。いや、やっぱり最強の機材車ハイエースがいいよな。なんて機材がドッサリ載る大きい車を色々と物色してましたが・ ...

続きを見る

-雑記
-

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.