Nikon Df カメラ カメラ雑記

Nikon DfとNIKKORレンズ4本をマップカメラで売却した金額は!?

投稿日:2018/11/20 更新日:

デジタルカメラの世界は日進月歩。

新しく出る機材を次々に追加購入できればいいのですが、そんな財力はありません。

ですから、新しい機材を買うには古い機材を下取りに出すというサイクルが出来上がります。

僕は滅多に機材を売却しないのですが、今後のことを考え機材整理をしました。

Nikon Df

僕のメインカメラはNikon D850。サブカメラとしてNikon Dfを使用しています。Dfは2013年の発売と同時に購入しました。

Dfは昨今のデジタルカメラには珍しく動画機能がありません。純粋に写真を撮ることに特化したカメラ。ダイヤル式の機械部分は電源を入れなくても設定が分かりますし、何より機械を操作をしているという満足感があります。

有効画素数は1625万画素で高感度にはめっぽう強く手持ちの夜景撮影も楽勝です。

またDfはニコンのフルサイズレフ機で1番軽量。特にDfとAI AF Nikkor 35mm f/2Dのセットは最強のお散歩カメラだと思います。

見た目はレトロ。しかし、中身はD4と同じセンサーだったりと、まさに羊の皮を被った狼的な素晴らしいカメラ。

自動車で言うと、僕がいつか乗りたいと思っているヨタハチのボディの中身だけ最新になったような感じでしょうか(意味不明)。

Dfの弱点

ベタ褒めしてますがDfにも弱点はあります。

前回の西表島の撮影で痛感したのが連写性能。素早く動く動物を撮るのに秒間5.5コマは遅すぎました。ちなみに、D850の連続撮影は秒間7コマ(縦グリップ装着時は9コマ)。これでもちょっと遅いかなと思ったくらい。

また、最近は動画撮影も楽しくなってきてしまったので、動画撮影できないDfが厳しくなってきました。

それ以外に大きな不満はないんですけどね。Dfの軽さと高感度の強さは捨てがたいものがあります。

機材見直し

Dfの連写性能を上げることはできないので、連写に強いカメラを購入しようかと考えました。

フルサイズで連写に強いカメラといえば、それはもう・・・アレしかない・・・。

ニコンが誇るフラッグシップ機 D5です。

D5を購入すれば僕の持っているレンズで最も汎用性の高い組み合わせとして、

D850 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
D5 + AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

がベストではないかと思い始めました。

このセットのデメリットは重さですが満足感が違います。

軽いミラーレス Z7も考えましたけど、まだ時期尚早かなと。Zマウントはレンズも揃ってないし、マウントアダプターFTZを付けると軽さの恩恵はなくなります。

関連記事
Nikonの新ミラーレスZ7を重量から考えてみる

ついに発売されるNikonのフルサイズミラーレス。 僕も発表を待っていて、場合によってはD850から乗り換えも・・・と考えています。 D850は本当に素晴らしいカメラです。デジイチの完成形と言っても過 ...

続きを見る

売却・・・

自分のカメラの使用頻度を考えると、仮にD5を購入するとしてD5・D850・Dfの3台体制は多すぎます。

Dfの軽さは本当に捨てがたいですが、本気の撮影ではDfは使用しなくなるでしょう。お散歩カメラであれば、Dfよりもっと小さくて軽いカメラにしたい。

ということで、悩みに悩んだ末、Dfを手放すことにしました。寿命を迎えるまで使うと思っていたDfなのに・・・。ごめんよ。

また、今後のZマウントへの移行とか色々考え、必要最低限のレンズを残し、Dfと使用頻度の低いレンズの売却を決意。

本当は売却したくないのですが、防湿庫の広さもありますし、何より使用しないカメラやレンズを持っていてももったいないですからね。カメラの断捨離です。

以下が売却するDfとレンズ。

Nikon Df
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED
AI AF Nikkor 35mm f/2D
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D
ボティ1台とレンズ4本。本当は売りたくない。特にAF-S NIKKOR 24mm f/1.4G EDは神レンズだけど・・・。

マップカメラで売却

売却先はマップカメラ。定額買取のワンプライス買取がとても便利。あらかじめ買取価格が決まってるので金額にも納得できます。

ただ僕の場合、Dfはニコンのサービスセンターで革の張替えもしてますし、レンズも含めて定期的に点検に出しているので相当状態はいいです。もしかしたら、もっと高額で買い取ってくれるところもあるかもしれませんが、諸々の手間を考えるとマップカメラが1番楽です。

それと、買取金額が3%増額となる買取優待券も持ってましたのでマップカメラにしました。

なお、同じような定額買取をキタムラでもやってます。

だたキタムラは・・・。

数年前にキタムラで売却した時に酷い買取をされそうになりました。もう二度と行きません。

売却金額

売却金額は以下の通りです。

Nikon Df 105,000円+3,150円
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED 95,000円+2,850円
AI AF Nikkor 35mm f/2D 12,000円+360円
AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED 50,000円+1,500円
AI AF Fisheye-Nikkor 16mm f/2.8D 39,100円+1,173円

+は買取優待券の3%増額分です。

合計で310,433円でした。

売却したこの資金はカメラに使うので防湿庫に入れっぱなしです。

防湿庫から出すと他のものに使ってしまい、結局何に使ったか分からなくなってしまいそうな予感がします。銀行口座に入金しても同じことになりますね。

タンス預金ならぬ防湿庫預金です(笑)。

D5の購入はどうするのか?

売却した31万円。D5を購入するのであれば、さらに30万円上乗せする必要があります。さらにここ最近はD5の価格が上がってますし、来年のD6の噂もありますから様子見状態。しばらくはD850の1台体制です。

それにしても、お散歩カメラであるDfを手放したダメージが意外とあり軽いカメラが欲しくなってます。なので、普段の持ち歩き用として高級コンデジを物色してます。

高級コンデジはソニーやキヤノンだといいカメラがあるんですよね。ライカ C-LUX(中身はパナソニック)もいいカメラです。というか、ライカ C-LUX(中身はパナソニック!)が欲しいです。

我らがニコンの高級コンデジはDLの発売中止という最悪の結果を迎えました。ただ、高級コンデジ自体は開発しており来年発表されるのではという噂もあります。

もういっそのこと、3日後に発売されるZ6にしようかと思ったり。D850と同じバッテリーが使えますし、D850の予備として128GBのXQDカードを2枚持ってますからね。流用できるのは資金的に大きいメリットです。

色々と考えてますが、こうやってカメラを物色してる時が1番楽しいんですよね(笑)。

追記:ミラーレスのZ6を購入しました。

関連記事
Z6
Nikon Z6 レビュー1 〜ファーストインプレッション〜

発売日の翌日に勢いで購入したNikon Z6。 しかし、いきなり背面液晶画面のドット落ちだったことが判明。色々ありましたが、それも製品交換で解決。 実はこういった初期不良に当たることがよくあります・・ ...

続きを見る

-Nikon Df, カメラ, カメラ雑記
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.