旅行記

釣り初心者が相模湾で船釣りをしてきた

投稿日:2018/12/12 更新日:

愛正丸

先日、友人から釣りの誘いを受けました。

内容は相模湾で船釣りとのこと。

魚種はアジとイナダ。

話を聞くと相模湾のアジは大きいらしい。

これはぜひともやってみたい。

しかし、僕は高校生の頃にバス釣りを少々やったのと、近年では沖縄でアクティビティーの釣りをするくらいの初心者レベル。

そんな初心者でも大丈夫なのかと聞いたら、友人曰くアジは絶対に釣れるとのこと。

絶対!?本当かなと思い同行することにしました。

準備編

釣りに関する道具は一切持っていません。

釣り船ということで竿はレンタルするつもりですが、何を準備すればいいのか友人に聞いたところ最低でも以下のものは必要とのこと。

クーラーボックス
防寒着
長靴(レンタルあり)

クーラーボックスは絶対に必要とのことで購入しました。

季節は冬なので防寒着も必需品。

一応スノボのウェアや登山用の本気のダウンを持ってますが、海で使うのはもったいないので安いものを購入。

長靴はレンタルがあるものの、今後の撮影用にも使えると思い購入しました。

ついでに釣り用のグローブとフィッシュグリップも購入。

釣り大きさと値段のバランスがよかったシマノのクーラーボックス。容量は26ℓを購入。
釣り上下セットなのに破格の値段。防寒防水機能も問題なし。デザインも悪くないので釣りに使うなら充分なはず。
釣り長靴は安心のダンロップ。雪の日にも使えそうです。
釣りグローブもフィッシュグリップ&プライヤーも安いタイプ。ここら辺のこだわりはないです。

葉山港 愛正丸

朝4:00過ぎに都内を出発し、5:30頃葉山港到着。

今回お世話になったのは葉山港の愛正丸

エサや仕掛けは船の乗合い料金に含まれていたので、かかった費用は合計で10,300円

乗船前に先払いです。

船の乗合い料金 9,000円
竿&電動リールレンタル 1,000円
氷 300円
愛正丸乗船前にNikon Z6で撮影。朝の5:30で辺りは真っ暗ですけど、手持ちでこの写りは流石の高感度性能。

出航

朝7:00になり出航の時間。

隣のお兄さんにご挨拶。

初心者でご迷惑おかけする旨をお伝えしたところ、後々とてつもなくお世話になってしまいました。

なお、カメラはNikon Z6から防水カメラのCOOLPIX AW120に持ち替え。

釣った魚を撮るのです。

愛正丸葉山港から見える富士山。
愛正丸朝日を浴びながらポイントへ。

釣り開始

20分ほど移動しポイントに到着。

ついに釣り開始です。

さっそく記念すべき一投目、と行きたいところですが正直何も分からない。

友人に教わりつつ仕掛けを竿に付け見よう見まねで釣り開始。

しかし、一投目で海に漂ってた釣り糸が絡まるというアクシデント。

尋常ではない絡みで15分くらい格闘してみましたが絶対無理なことは明白。

今日はこの絡みを1日かけて取るしかないのかと早くも釣り怖いモード。

もうどうしようもなく泣きそうになりながら船長に相談したら、無理だから切ればいいよとのこと。

え?切っていいの?

僕が初心者と分かったようで、船長が新しい仕掛けを付けてくれて色々と説明してくれました。

さらに隣のお兄さんが声をかけてくれて、物凄く丁寧に釣り方や仕掛けのことを教えてくださった。

あのお兄さんがいなければ僕は釣れてなかったでしょう。本当に感謝です。

改めて釣り開始。

記念すべき相模湾での初ヒットは!

愛正丸なんだかよく分からない小魚。
愛正丸2匹同時に釣れてたけど、こちらもよく分からない小魚。当然、両方ともリリース。
愛正丸氷しかないクーラーボックス。

アジ初ヒット!

しばらくしてヒット!

電動リールを巻くとアジが2匹同時にかかってました。

愛正丸記念すべき人生初アジ。小さいけど嬉しい。
愛正丸なんとなく分かってきて、少しずつコツをつかんだ模様。ちょっと増えました。

相模湾のアジ

相模湾のアジは大きいと聞いてましたが、ここまでは小ぶりのアジしか釣れていません。

季節的に小さいアジしかいないのかなと思っていた直後、これから大きいアジがいるポイントに移動するとのこと。

同じアジでもポイントによって大きさが違うんですね。

勉強になります。

愛正丸水深110mですって。
愛正丸大きいアジゲット!ってか、これは大きい!

釣果は?

今回の狙いはアジとイナダ。

イナダのポイントに移動すると、船長がイナダが後ろから来てますよ〜とか放送してくれるんですけど、僕はなかなかヒットせず。

友人や隣のお兄さんはイナダをヒットしてました。

羨ましい。

僕もイナダらしき大きなアタリが2回ほどありましたが、どちらも仕掛けごと切れてしまいイナダは釣れず。

でもアジはたくさん釣れました。

アジだけでも楽しいです。

楽しい時間はあっという間に過ぎるもので14:00頃に釣り終了。

愛正丸こんなに釣れた!!
愛正丸片付けも終わり、最後にNikon Z6で葉山港の夕日を撮影。

そうそう、港に帰って氷屋のおじちゃんに釣れたか聞かれたので、こんなに釣れたんですよって見せたら「氷が足りないじゃん。入れてやるよって」こっそり無料で氷を入れてくれました。

ありがとうございます。

調理

釣ったアジは合計で24匹!

初心者にしては頑張ったのではないでしょうか。

というか、本当に釣り方も分からなかったのでビギナーズラックです。

釣ったアジは友人に配ろうと思っていましたが、都合がつかなかったりで結局全部自宅に持ち帰りました。

若い頃にアジで三枚おろしを練習しましたから、思い出しながらウロコとぜいごを取って、頭と内臓を落とし血合いを洗い皮を剥ぐこと24匹。

下処理終了。

調理するアジ以外はラップに包んで冷凍しました。

アジ十数年ぶりに捌いたので24匹全部で約2時間。それはそれは地獄でした・・・。

アジ三昧

下処理したアジをさっそく調理。

メニューは刺身、カルパッチョ、フライ、塩焼き、アジご飯。アジ三昧です。

自分で釣った魚は本当に美味しいですね。

友人が魚は買うものじゃない、釣るものだと言ってましたが納得です。

アジ実はアジの刺身はあまり好きじゃないのですが、これは新鮮で本当に美味しかったです。

初心者の感想

初心者とはいえ何回か船釣りはやったことがあるのでなんとかできた、という感じです。

友人がある程度教えてくれましたが、運よく隣になった達人レベルのお兄さんが親切に教えてくれたので本当に助かりました。

友人もそのお兄さんの話を聞いてましたからね(笑)。

もし僕が全くの初心者だったら心が折れてたと思います。

船釣り初心者の方は、釣りに詳しい経験者の方と一緒に行くことをオススメします。

まあ当たり前でしょうけど・・・。

そうそう、多数の方が乗船する船釣りは初めてだったのですが、周りの方と糸が絡むいわゆるお祭りが凄かったです。

1時間に数回レベル。

お祭りになったうちの2/3はどうしようもないので仕掛けを切りました。

その都度船長に仕掛けをもらい(愛正丸は仕掛けが無料)付け直しましたが恐らく十数回はもらいました。

不可抗力とはいえ少しでもお祭りを避けられるように気をつけねばと思いました。

釣り自体はとても楽しかったです。

何気に釣れなくても楽しめるタイプですが、やはり釣れたら嬉しいです。

今後も年に数回ペースで行きたいと思います。

そのつもりでクールボックスも購入しましたからね。

目標はマグロ。

相模湾はマグロも釣れるらしいので、季節がきたらチャレンジしてみたいです。

というわけで、相模湾のアジは初心者でも絶対に釣ることができました。

道具に関して

竿

竿はレンタルでも問題ないです。

というか、1回1,000円程度だったら買うよりも安いと思います。

竿とリールで10万円前後と考えると100回は行けますからね。

まあここら辺は今後の運用方法次第でしょう。

僕的には今後もレンタルで充分だと思ってます。

防寒着

防寒着は汚れるので安物で充分かと思います。

あとやはり生臭いです。

それはもう臭いですので上下で数千円とかそんなものでいいと思います。

噂のワークマンのイージスは手に入らなかったんですけど、今回Amazonで購入した防寒着で充分でした。

むしろ日差しが強い場所では暑かったです。

かなり高性能で驚きました。

フィッシュグリップ

魚を釣りに行ってるのに直接魚に触りたくない軟弱者な僕はフィッシュグリップを買っておいてよかったです。

安いのに計りとメジャーが付いてる優れもの。

そしてセットで付いてた針を外すためのプライヤーは必需品でした。

今回購入したもの

今回購入したものです。

全てAmazonで購入。

僕が購入した時はトータルで21,343円。

ゼロからとはいえ結構かかりました。

これは今後も続けるということで回収したいと思います。

それにしても、クーラーボックスの魚臭さはどうにかならないものでしょうか?

洗剤で洗ったり、重曹も使ってみましたが臭いは取れませんでした。

釣り人の皆さんはどうしてるんでしょうかね。

気になるところです。

-旅行記
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.