旅グルメ

【帯広グルメ】帯広ソウルフード!カレーショップインデアンへ行ってきた

投稿日:2019/12/06 更新日:

インデアン

帯広といえば広大な土地で育った畜産や野菜をイメージします。

そんな畜産や野菜を1度で楽しめる料理といえば・・・。

カレーでしょう!

帯広でカレーといえばインデアン

以前何かの雑誌で読んで、1度食べてみたいと思っていたんですね。

というわけで、念願のインデアンでカレーを食べてきました。

インデアン

帯広のソウルフードと呼ばれているインデアンのカレー。

1968年(昭和43年)に1号店がオープン。歴史がありますね。

2019年現在で帯広に9店舗、釧路に2店舗あります。

ちなみに、大阪にもインデアンというカレーショップがあるようですが、帯広のインデアンとは一切関係ないようですね。

インデアンインデアン まちなか店。

メニュー

インデアンのカレーはルーが3種類。

インデアンルー 
牛肉をふんだんに使用した数十種類のスパイスで熟成された十勝の定番カレー。

野菜ルー
ゴロゴロのじゃがいも・人参・玉ねぎが入った優しいカレー。

ベーシックルー
ビーフのエキスが溶け込んだ、旨味と甘味をひき出したシンプルなカレー。

ルーとトッピングの組み合わせが決まっている通常メニューが基本のようですが、自由に組み合わせることも可能です。

例えばインデアンルーにカツ、野菜ルーにエビなど。

辛さは普通から激辛まで選べます。

インデアンメニュー表。価格は比較的安いほうかと思います。
インデアンルーごと分かれている調理鍋。

感想

僕が行ったのは帯広市街地にある、まちなか店。

19時頃に入るとほぼ満席。

すでにインデアンルーと野菜ルーは売り切れており、ベーシックルーしかないとのこと。

僕はベーシックルーにカツを注文。

インデアンベーシックカツ。704円。辛さは普通。この銀皿がいいですね。
インデアン付け合せは福神漬・青しその実の醤油漬け・ガリ。
インデアン辛さが足りない時にはこのホットオイル。

シンプルでとても美味しい。家で食べるカレーみたい。

味が凝縮された濃厚で水分少なめなトロトロなルー。やっぱカレーってこうじゃなきゃ。

ボリュームはかなりありますので、途中で味を変えるためにホットオイルをかけてみました。なかなか辛いです。これはかけ過ぎ注意。でも食は進みます。

それにしても、僕が食べている時も続々来店。結局カツもなくなりハンバーグも売り切れていました。

凄い人気です。

そうそう、味もさることながら、カツのカットがあまりに速くて驚きました。

カツの注文が入る度に、また見られる!と内心喜んでましたからね(笑)。

テイクアウト

インデアンはテイクアウトもできます。ルーだけのテイクアウトも可能です。

テイクアウトには容器代がかかりますが、容器を持っていけば容器代はかかりません。インデアン側も容器の持ち込みを歓迎してます。

噂によると、帯広市民は自宅でカレーを食べる時、インデアンに鍋を直接持ち込みルーだけテイクアウトするそうです。

もはや家庭の味と言っても過言ではないインデアン。

実は僕も帯広滞在中に2回ほどテイクアウトしてみました。

ホテルの部屋でサッポロビールを飲みながらインデアンカレー。最高でした。

インデアンインデアンルー+カツ。691円。容器代55円。合計746円。
インデアン野菜ルー+チキン。637円。容器代55円。合計692円。

まとめ

3種類のルーを全部食べてみましたが、どれも美味しかったです。

意外と野菜ルーが濃厚で、僕的には帯広の美味しさが凝縮されたイメージがありました。

それぞれ特徴があって、その日の味覚や体調なんかでチョイスするのも楽しいかもしれません。

帯広に行ったらぜひインデアンへ行ってみてください。

そしてカツを注文して、神速のカツカットを見てください。

感動すること間違いなしです。

インデアン まちなか店
営業時間 11:00~21:00
定休日 無休

インデアン → http://www.fujimori-kk.co.jp/indian/

撮影機材

・Nikon Z7
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

created by Rinker
ニコン
¥321,000 (2020/02/28 00:06:15時点 Amazon調べ-詳細)

-旅グルメ
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.