旅行記

【ハワイ旅行記19】Nikon Z6でハワイのスナップ写真を撮ってみた

投稿日:2019/02/07 更新日:

ハワイ

長々と続いてきたハワイ旅行記も今回で最終回です。

初めてのハワイということもあり、どこへ行っても何を見ても新鮮。

ついつい写真を撮ってしまいました。

そんな何気なく撮影したスナップを最後にまとめたいと思います。

そして、最後に今回の旅費も紹介します。

ハワイに来たらビーチや夕焼けや夜景は鉄板です。

しかし、普通の街並みも絵になります。

標識や信号を入れるとさらにそれっぽくなるのでオススメです。

前回のビル特集みたいにハワイの建物を撮るのも面白いと思います。

ハワイイメージ通りのハワイの風景。
ハワイ信号も絵になる。
ハワイアメリカを実感。
ハワイカカアコの工事現場。
ハワイダイヤモンドヘッド。
ハワイダイヤモンドヘッドの帰り道。
ハワイこの自転車のオブジェは自転車を立てかける用のものなのかな。
ハワイパイプやバルブが好きです。
ハワイワイキキ・ランドマーク。
ハワイこのベンチに1日座ってられる。
ハワイ朝日を浴びるヤシの木。
ハワイ現在は解体が始まっているキングスビレッジ。

乗り物

基本的に移動は全て自動車なので車社会です。

日本車が多いですけど、トラックを見るとアメリカに来たという感じがします。

あとはピックアップトラックがとても多くテンション上がりました。

困ったことにピックアップトラックが欲しくなってしまいます。

日本の道路の狭さじゃ無理ですけどね。

そうそう、信号のない横断歩道を渡ろうとすると、ほぼ車が停まってくれます。

優しい世界。

日本って頑なに停まらないですからね。

ハワイ古いバス。
ハワイアメリカンなトラック。
ハワイこのマフラーが最高。
ハワイカッコいいおじいちゃん。
ハワイザ・バス。
ハワイ手前からエア・カナダ、デルタ航空、ハワイアン航空。d

生き物

今回は市街地にしか行ってないので、生き物をほとんど見られなかったのが残念でした。

市街地には鳥が多いです。

しかも人間が近付いてもあまり逃げないです。

野鳥の撮影としては適してない24-70mmというレンズでもある程度撮影できました。

が、もちろん望遠があった方がいいです。

200mm以上は欲しいところ。

ハワイのヤモリであるゲコが見られなかったのは残念。

しかし、絶滅危惧種であるアラエ・ウラに遭遇できたのは非常に幸運でした。

ゲコよりも遭遇率はとても低いのに。

ハワイ壁に張り付いていたブラウンアノール。
ハワイラニカイビーチで遊ぶ犬。
ハワイビーチにいた犬。鼻に砂(笑)。
ハワイ尾が綺麗なアカハラシキチョウ。
ハワイこのブンチョウたちは目の前に行っても逃げない。不思議。
ハワイアラモアナ・ビーチパークにいたコウカンチョウ。
ハワイ絶滅危惧種のアラエ・ウラ。貴重なショット。

植物

ハワイといえばヤシの木。

空とヤシの木はセットで撮影するとハワイっぽさが出てオススメです。

パイナップルやハイビスカスもいいですね。

こちらも生き物と同じく、自生植物をほとんど見られませんでした。

ちなみに、日立のCMで有名なモンキーポッドは時間がなく見に行きませんでした。

次回ですね。

ハワイヤシの木を見上げる。
ハワイパイナップルスムージーの元。
ハワイ街中に咲いていたハイビスカス。
ハワイこれは・・・ヤシの木?
ハワイロウル。ハワイ固有種のヤシの木。とても気に入ってる写真。

ハワイで撮った枚数

整理して最終的に残った写真は1,183枚。

全部Lightroomで現像してます。

自分用のプリセットを設定してあるのでそれほど大変ではありませんが、1枚1枚確認作業は必要。

まるっと2日ほどかかりました。

写真を見るとその時の気温や湿度、音、味、会話など撮影した時の記憶が蘇ってきます。

動画にはないよさがあり、こういうところが旅写真の醍醐味ですね。

そうそう、今回撮影したハワイの写真は厳選して、ハワイへ一緒に行った友人K君のハワイアンレストランで販売します。

現在販売している沖縄の写真よりは売れるはず。

今回の旅費

さて、旅費の内訳は以下の通り。

飛行機・ホテル 134,792円
旅行保険 2,220円
送迎シャトル(空港→ホテル片道のみ) 1,869円(チップ込み)
Wi-Fiレンタル 3,404円
合計142,285円

これに現地での移動代や食費などが加算されます。

事故や怪我をしてしまった場合、アメリカの医療費はとんでもないですから旅行保険は必須だと思います。

何度か書きましたが、比較的安全と言われるハワイでも日本人が襲われる事件などもありましたしね。

1月初頭のハワイとしては安く済んだのかなと思います。

正月にハワイ島へ行った友人は夫婦で100万円かかったって言ってましたから・・・。

旅のまとめ

3泊5日の今回の旅でしたが3泊じゃちょっと足りなかったです。

3日目くらいに撮影スポットが分かるようになり道などにも慣れきました。

できればあと1泊したかったです。

次回は4泊以上したいですね。

気温や湿度は快適。

暑いけど湿度が低いから過ごしやすいです。

冬の日本に戻るのが億劫でした。

景色は最高です。

ハワイの空は日本よりも青いので気付いたら空を見ています。

ちなみに、日本との色の違いは湿度の違い。

そして夕焼けハンターの僕としては、ハワイの夕焼けを見るだけでも行く価値はあるかなと思います。

朝焼けも凄まじいので、頑張って早起きしてみてください。

なお、1月のハワイの日の出は7時前後。

6時くらいはまだ暗いです。

ワイキキを歩いていると日本人旅行客が多く、日本語の会話も聞こえてくるので海外旅行としては不思議な感覚です。

もっと海外としてのハワイを堪能したい場合は、ワイキキを離れたり、ハワイ島へ行くのがいいでしょうね。

というわけで、これでハワイ旅行記Season1は終了です。

お付き合い頂き、ありがとうございました!

今回ハワイに行って本当によかったです。

また機会があれば行きたいと思います。

撮影機材

ハワイでは42kmほど歩きました。

その間ほぼカメラは手持ち。

それでも手持ちによる腕の疲労や痛みはありませんでした。

Nikon Z6とNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sは最強の旅カメラです。軽さは正義。

なので、今年発売されるであろうZマウントの24-70mm f/2.8と70-200mm f/2.8が非常に気になります。

レンズ次第では完全にミラーレスへ移行してもいいかなと考えてます。

Nikon Z6
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

-旅行記
-, , ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.