ガジェット

iPhone 8 (PRODUCT)RED を購入したのでレビュー

投稿日:2018/08/09 更新日:

iPhone 8、(PRODUCT)RED

僕は昔から生粋のApple信者。

しかし、iPhoneを購入したのはiPhone 6sからとかなり遅いです。

それまではiPadを使ってました。

ちなみに、iPadは初代の発売日から使用してます。現在もiPad Proをセルラーモデルで使用しています。

そんなiPhoneとiPad Proの両刀使いでしたが、先日iPhone 6sを水没させてしまいました。

そこで、これを機にiPad Proのセルラーを解約し、iPhone 6sから8へ機種変してみました。

iPhone水没

5月のとある雨の日。

訳あって傘もささず、防水ジャケットのポケットにiPhone 6sを入れて歩いてました。

しばらくしてポケットに手を入れてみたところ、ポケットの中に水が溜まっているではありませんか。

まさかのポケットの中で水没。

6sには防水機能がないので画面にまで水が入り込んでしまい、それはまるで水槽の中を覗いてるような状況。

その場ですぐに電源を落とし、帰宅後しっかりと乾燥させて3日くらい放置して電源を入れてみるも復活ならず。

防水ジャケットのポケットは止水加工がしてあったんですが、豪雨だったので許容範囲を超えて少しずつ水が入り込んだ模様。

入り込んだ水は防水機能のおかげで外に漏れず、ポケットの中に溜まり続けたという。防水が裏目に出ました(笑)。

防水ジャケットのポケットの中で水没するとは思ってもみませんでした・・・。

まさにポケットの中の戦争。嘘だといってよ!

iPhone SE2の発売は?

iPhoneがない間はiPad Proでカバーしつつ、ちょうど1月後に開催される6月開催のWWDC 2018を待ちました。

理由はiPhone SE2です。SE2が発売されれば、迷わずこれを購入します。

ただ、ネットの情報ではWWDC 2018の開催が近付くにつれてSE2が出る可能性は低くなっていく。

手が小さい僕としては小さい機体が欲しい。そして最新の機体が欲しい。

iPhone 8に機種変

結局WWDC 2018では新機種が発表されず。

仕方なくiPhone 8に機種変しました。

色は4月に出たばかりの(PRODUCT)RED。やっぱ赤ですよ。寄付もできちゃいますしね。

iPhone Xはどうしても顔認証が好きになれず選択肢から除外しました。

開封の儀

それでは、開封の義をば。

iPhone 8、(PRODUCT)REDこの箱が好きです。
iPhone 8、(PRODUCT)REDまさに深紅。
iPhone 8、(PRODUCT)RED6sと比較。大きさ的にはほとんど変わりませんね。

レビュー

これは良い色ですね。気に入りました。

CPUはApple A11 Bionic 6コア

バッテリーは朝の時点で100%であれば夜まで余裕で持ちます。

ゲームなどしない僕だと、夜寝る前で残り40〜60%前後で収まってます。

驚いたのが充電速度。30分もあれば50%まで充電できます。

そしてiPhone 8は防水。もうポケットの中で水没することはないでしょう(笑)。

カメラの性能も格段と向上。

背面 12.0メガピクセル・裏面照射型センサー・4Kビデオ
前面 7.0メガピクセル・裏面照射型センサー・HDビデオ

日中の明るい場所の風景はデジイチにも負けないレベル。

これは凄いですね。旅行にiPhone 8だけでも充分かもしれません。

ただし、夜景はノイズが酷いです。のっぺりした絵になります。

少し暗い室内や物撮りも全然ダメです。

とはいえ、カメラの性能はかなり高いと思います。

画面の大きさは4.7インチ。

本体のサイズは以下の通り。

縦  138.4mm
横  67.3mm
厚さ 7.3mm
重量 148g

手の小さい僕には片手で操作するのは厳しいです。

iPhoneを掴んだ状態で親指が画面の端まで届かないので、文字入力など基本は両手で操作することになります。

iPhone SEの4インチなら片手で操作できるんですけどね。

指紋認証は便利なんですが、汗をかいたり手が濡れていると上手く認識にないのでイラッとします。

しばらく使ってみた感想としては、概ね満足です。

ちなみに、iPhone SE2は開発中止の噂が流れてますが、どうなんでしょう。

このまま発売しない雰囲気です。

4インチの需要は絶対あると思うんですが。

-ガジェット
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.