旅行記

【車中泊旅行記2】茨城県の御前山ハイキングから偕楽園リベンジ

投稿日:2020/02/24 更新日:

御前山ハイキングコース

水戸の車中泊2日目。

今日のメインは御前山ハイキングです。

今回の日程は1泊2日なのでハイキングが終わったら東京に帰る予定。

と思っていましたが、タイトルのように2日連続で偕楽園にも行きました。

僕史上、最もアクティブな1日になったかもしれません。

それでは水戸車中泊2日目です。

御前山ハイキング

今回の車中泊の目的の1つである御前山ハイキング

そもそもなぜ御前山ハイキングに至ったのかというと・・・。

偕楽園で撮影決定
 ↓
せっかくだから車中泊をしよう
 ↓
周辺の道の駅を検索
 ↓
道の駅かつらを発見
 ↓
道の駅かつらを出発地とした御前山ハイキングコース発見

というのが経緯です。

道の駅かつらに車を停めたままハイキングへ行けるのがいいですね。

御前山ハイキングコース

道の駅かつらを出発地点とした御前山ハイキングコース

御前山を回る3.7kmコース(約1.5時間)と、御前山と御前山青少年旅行村を回る10.2kmコース(約3.5時間)の2コースがあります。

僕がチョイスしたのは10.2kmの長距離コース。

御前山は標高156mの低山ですし、ハイキングにハマり始めた僕にはちょうどいいコース。

御前山ハイキングコース

最近は都内ハイキングで結構歩いてますが、山中のハイキングで10.2kmという距離は初めて。

カメラを2台持ち撮影しながらハイキングするので、一応所要時間は多めに見ています。

予想だと休憩無しで5時間前後。

事前にiPhoneに登山アプリYAMAPをダウンロード。

そして、アプリ上に御前山10.2kmコースの地図とルートをダウンロードしておきました。

出発から登頂

道の駅かつらから歩いて約5分のところにある東登山口に到着。

時刻はちょうど朝9時。

ここから御前山ハイキングスタートです。

御前山ハイキングコース東登山口。想像よりも登山感があります。
御前山ハイキングコース御前山頂上(鐘つき堂跡)までは561m。
御前山ハイキングコース登山口から10mも歩くと、もう山の中という感じ。
御前山ハイキングコース早くも息上がってます。なかなかキツいです。
御前山ハイキングコースイノシシが掘り返した跡。至るところにイノシシの形跡や糞がありました。
御前山ハイキングコース登山口から15分程で1つ目の東屋に到着。休憩せずに進みます。
御前山ハイキングコース鐘つき堂跡へ向かいます。
御前山ハイキングコース鐘つき堂跡に到着!ここが御前山の頂上。登山口から30分で早くも登頂達成。
御前山ハイキングコース標高156mとはいえ、素晴らしい景色です。

青少年旅行村へ

続いて御前山ハイキングコースの折り返し地点となる青少年旅行村を目指します。

平日ということもあり山の中では誰とも会うことはありません。

また、季節的にクマの心配はまずないですし、ハチ・アブ・ムカデなどの危険な虫もいない。

なかなか快適です。

イノシシの痕跡がちょっと気になるくらい。

怖いのは道に迷うことですが、御前山ハイキングコースで迷うことはまずないでしょう。

それにアプリのGPSを確認するとかなり精度が高いので安心です。

御前山ハイキングコース青少年旅行村まで4.9km。
御前山ハイキングコース鐘つき堂跡からは森林の中をひたすら歩きます。
御前山ハイキングコース見晴らしは悪いけど、山の中を歩くのは気持ちがいいです。
御前山ハイキングコース登山口から2時間10分。2つ目の東屋に到着。ここは見晴らしが良かったです。
御前山ハイキングコース那珂川が見えます。
御前山ハイキングコース稜線っぽいところもあります。

昼食

出発から3時間ほど経ち、空腹感を感じるようになってきました。

エネルギー使ってますからね。

登山口から3時間15分。

青少年旅行村の手前にある展望台に到着。

ここで昼食にします。

御前山ハイキングコースやっと見えた展望台。
御前山ハイキングコースとてもいい眺めです。
御前山ハイキングコース出発前にコンビニで買ったオニギリとパン。山の中だと美味しく感じる。でも次回はご飯を作ろう。

青少年旅行村からゴール

昼食を食べつつ40分ほど休憩。

しかしまだ御前山ハイキングコースの半分にも来ていない事実。

10kmって長い・・・。

さあ、気を取り直して出発です。

御前山ハイキングコース展望台から5分で青少年旅行村に到着。ここにトイレがあります。
御前山ハイキングコース青少年旅行村を出ると、あとは舗装された平地の道路をひたすら歩くだけ。
御前山ハイキングコースあの稜線を歩いてきたと思うと感慨深いものがあります。
御前山ハイキングコース道の駅かつらに到着!やっとゴール!

スタートから約5時間15分でゴール。

休憩の40分を抜くと所要時間は4時間35分。

公式の所要時間は3.5時間なので約1時間オーバー。

ほぼ予定通りでした。

オーバーした1時間は立ち止まって写真を撮っていた時間。

僕が一人でハイキングする理由はコレです。

写真を撮りながら歩くと時間がかかりますし、納得いく写真が撮れるまで動きませんから、誰かと一緒に行動するのは難しい。

写真さえ撮らなければ誰かと一緒にハイキングしてみたいですけど、写真を撮るためにハイキングしてますから・・・。

なお、登山口から青少年旅行村までの約4時間、山中では誰とも一切すれ違うことはなかったです。

足跡的にもこの日は僕以外に歩いた形跡はなかったですから、恐らくこの日に御前山ハイキングコースを歩いたのは僕だけじゃないかと思われます。

YAMAP

YAMAPの履歴を見ると歩いた距離は10kmでした。

しかしYAMAPの距離表示は誤差がかなりあると思います。

御前山ハイキングコースの距離は10.2kmですし、写真を撮るために戻ったりウロウロしてたので絶対に10.2km以上は歩いてるはず。

そして、実はもう1つ比較用にiPadで別の登山アプリを使ってたのですが、そちらは10.78kmでした。

10.78kmが正解でしょう。

YAMAP

御前山ハイキングコース

道の駅かつら

帰ってきた道の駅かつら。

さすがに疲れたし2,000kcalも消費したので、道の駅かつらの名物けんちんそばを食べようとするも・・・。

道の駅かつら道の駅かつらの特産品直売センター。
道の駅かつら新鮮な野菜が人気です。
道の駅かつらむかご。炊き込みご飯とかにするそうです。僕は食べたことがない。
道の駅かつら食堂が閉まってる!!平日は14:00までだそうです・・・。
道の駅かつら人気ナンバー1のけんちんそばを食べたかった。何のために10km以上も頑張って歩いたのか・・・。

偕楽園再び

けんちんそばショックに意気消沈しながらシュラフや車中泊マットを片付け。

時計を見ると14時50分。

東京へ帰るにはまだ少し早い。

昨日行った極楽湯で疲れた身体を癒やそうかと思いましたが、せっかくなので偕楽園へ行くことにしました。

昨日よりも気温が高いからさらに開花してると予想。

道の駅かつらから約45分、偕楽園に到着。

2日連続の偕楽園です。

偕楽園満開には遠いけど、昨日より確実に咲いてます。
偕楽園この梅は4分咲きといったところでしょうか。
偕楽園この色の梅好きです。
偕楽園薄紅色がとても綺麗。
偕楽園梅の花の蜜を吸うヒヨドリ。
偕楽園夕日と好文亭。

偕楽園は日没後に梅の木がライトアップされます。

ライトアップされた梅を見ていこうかと思いましたが、疲労がピークに達したようで体力的に限界を迎えました。

水戸から東京まで運転しなくてはいけませんしね。

夜の梅はまたの機会に。

東京へ帰ります。

ラーメン

けんちんそばを食べそこねて、結局何も食べてないことに気付く。

水戸の名物って納豆以外に何かあったっけ?と考えながら運転してたら、水戸ICの手前まで来てしまった。

このまま常磐道に入りサービスエリアで食べようと思っていたところ、水戸ICに入る直前に札幌ラーメン どさん子を発見。

餃子半額のノボリが見えたので突撃。

ラーメン・半チャーハン・餃子というカロリーモンスターを注文。

今日はいいんです。

相当カロリー消費してますから。

しかし、量が多くて最後の方は食べるのがキツかった。

なんとか気合いで食べました。

味は懐かしいラーメンそのもの。

超満腹になったこともあり、常磐道を入ってると途中で眠くなりサービスエリアで1時間ほど仮眠。

帰宅した時刻は22時過ぎでした。

どさん子札幌ラーメン どさん子 水戸50号インター店。
どさん子チャーシュー麺と半チャーハン。
どさん子金曜日は餃子が半額でした。

まとめ

10km以上のハイキングして、偕楽園へ行って、水戸から東京へ運転。

さすがに疲れましたけど充実感と達成感溢れる1日でした。

そして、今回の1泊2日の車中泊。

2日連続で行った偕楽園では、たった1日でも梅の開花に大きな違いがあり植物の生命力に驚愕。

道の駅かつらは車中泊やキャンプに最高の道の駅で感動。

その道の駅かつらを起点とした御前山ハイキングコースはなかなかハードでしたが、山の中を歩くのはとても爽快。

久しぶりの車中泊はとても楽しかったです。

やはり、車中泊はいいですね。

初めての土地、初めての道、旅をしていると強く思わせてくれます。

また近々、車中泊の旅に出たいと思います。

病みつきになっちゃいますね。

関連記事
偕楽園
【車中泊旅行記1】水戸の偕楽園に行ってきた

久しぶりの車中泊に行ってきました。 今回の行き先は水戸の偕楽園。 偕楽園で梅とメジロの撮影が最大の目的です。 そして、せっかくなので御前山でハイキングも予定に組み込みました。 初日の偕楽園と、翌日の御 ...

続きを見る

車中泊グッズ

撮影機材

・Nikon Z7
・Nikon Z6
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

created by Rinker
ニコン
¥316,800 (2020/09/24 10:58:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ニコン
¥226,394 (2020/09/25 03:36:15時点 Amazon調べ-詳細)


-旅行記
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.