カメラ

【Nikon Z7】ニコンの修理ミスとありえない対応を受けた話

投稿日:2020/01/17 更新日:

ニコンプラザ新宿

僕のNikon Z7を修理に出しました。

しかし、ニコンの修理工場の検証結果は、原因をこちらの環境のせいにするというお粗末な内容でした。

それも超初歩的なミス。

普通に考えれば分かると思うのに・・・。

まあミスは仕方ないとしても、その後の対応も酷かった・・・。

今回はそんなニコンとのやり取りです。

Z7の故障?

基本的に動画はあまり撮らないのですが、一度やってみようとNikon Z7で動画撮影開始。

しかし外部マイク端子に差したマイクの音を認識してないような気がする。

どうもおかしいので、マイクではなくライン入力を試してみたけど、内蔵マイクが反応するだけ。

何をやってもZ7の内蔵マイクでしか録音できない状況。

これは外部音声入力端子が完全に死んでます

Z7の外部音声入力端子を使ったのは初めてなんだけど・・・。

ニコンピックアップサービス

このままでは外部マイクを使った録画ができないので、ピックアップサービスを使って修理に出しました。

ニコンピックアップサービスとは、修理品の梱包用資材を届けてもらい、それに修理品を入れて返送するサービス。

料金は往復の送料で1,870円。今のニコンは修理代がかからない保証期間内でも送料だけはかかります。

12/23に修理工場へ到着した模様。

メールで送られてきた見積もりは保証期間内なので修理代無料、ピックアップサービス代のみ1,870円でした。

なお、修理完了予定日は1/10とのこと。

原因はこちらのせい?

しばらく経った12/28の13時頃、修理に出していたNikon Z7が戻ってきました。

予定よりもかなり早い。

年内に修理が終わるように頑張ってくれたんだと思い、さっそく試してみるも・・・。

驚くことに直っていない

納品書を見ると原因はこちらの外部マイクだという記載。

「ご指摘の現象につきまして、弊社点検用の外部マイクにて確認しましたが、現状のところ特に以上は御座いませんでした。外部マイク側の不具合の可能性が御座います。今、一度ご確認ください」
ニコンプラザ新宿こちらのマイクのせいにされ温厚な僕でもムッときた。ありえない内容。

恐らくニコン修理担当者は、Z7に点検用マイクを差し込み録音レベルが動いていることを確認。

音声認識してるじゃん、これは顧客のマイクが壊れてたんだな、という感じでしょう。

そりゃ音声レベルは動きますよ。

だって、外部入力の音が反応してるんではなくZ7の内蔵マイクが反応してるんだから。

こんなことも分からないのか・・・。

ミスは仕方がないとは思います。誰にでもミスはあるから。

しかし、それをこちらのせいにするかね普通。これはちょっといただけない。

再修理

再修理が必要なので、再度ピックアップサービスへ申込まなければなりません。

ただ、年末年始を挟むから最短の集配は1/7。集配までにも10日待たなければならない。

それから修理となると1ヶ月以上はかかってしまう。

面倒だけど直接Z7を持ち込むしかない。

ニコンの不手際だけど電車賃を払って、ニコンプラザ新宿へ行くことにしました。

ちなみに、12/28はニコンプラザ新宿の年内最終営業日。急いで行きました。

ニコンプラザ新宿の対応

12/28の17時頃、なんとかニコンプラザ新宿に到着。間に合った。

さっそく修理受付窓口で状況を説明。

恐らく説明だけでは同じことが起こると思い、iPhoneとオーディオケーブルを持っていき、壊れたZ7と正常なZ6の2台を使って音声のライン録音を実演。

・修理から戻ってきたが直っていない。
・点検用外部マイクで点検した際、外部マイクの音声ではなく内蔵マイクの音声を認識したと思われる。
・それにもかかわらず、原因はこちらの外部マイクであると言われている。
・ニコンの点検でも漏れるということは、この個体がそもそも初期不良だったのでは?
・修理の際に送料がかかっているし、今回ニコンプラザ新宿へ来るために交通費も時間もかかっている。

一通り説明が終わると最初の担当の方がバックヤードへ。しばらくすると上長が対応させて頂くとのこと。

この時の僕は全然怒ってないです。状況を丁寧に伝えています。

で、ニコンプラザの責任者が対応してくださって、

・Z7の状態を確認させて頂いた。
・お客様の仰る通りの修理内容だと思われる。
・完全に修理工場のミスである。
・大変申し訳無い。こんな不手際はお恥ずかしい限り。
・Z7の修理は最速でやらせて頂く。
・ただ、年末年始を挟むのでどうしても時間がかかってしまう。

と、仰って頂きました。

年末年始を挟んで時間がかかることは当たり前だし、それに代替機を貸してくださったのでなんとかなる。

ただ「修理が終わったらもう一度ニコンプラザ新宿へ来て頂き、直っているか一緒に確認して頂きたい」とのことでした。

修理が完了したら配送してくれた方が楽なんだけど・・・。

交通費とかどうなるんだろう?と思ったけど、責任者の方の発言だし、なんとかなるかとニコン側に歩み寄って承諾。

そして丁寧に対応して頂いたお礼を伝えニコンプラザから帰宅。

Z7これがニコンから借りたZ7。再設定が面倒だった・・・。

修理完了も・・・

それから3週間弱の1/17。

修理が完了したのでZ7を取りにニコンプラザ新宿へ行ってきました。

受付の番号札を取って30分ほど待つ(これは仕方ない)。

どうやら前回対応してくれた責任者は休みの模様。

仕方がないので担当に今回のいきさつをゼロから説明すると、バックヤードから僕のZ7を持ってくる。

特に謝罪の言葉もなく、そのままZ7を引き渡して対応終了しそうな感じ。

なぜ再修理をしたのか説明も一切なし

「修理ができてるか一緒に確認させてくれというから来たんですけど?」と伝えると、バックヤードから確認用の外部マイクを持ってきた。

「いや、それだと前回の工場と一緒で、ライン入力ができてるか分からないと思うんですが?」と伝えるも驚きの返答。

担当者は「確認用のマイクはこれしかない。でも修理の内容を見ると基板を替えてるから直ってるはずです」だって。

え?うそでしょ?何この対応。

「じゃあ、なんのためにここへ来たんですか?一緒に確認したいというからわざわざ来たんですよ。交通費と時間かかってるんですよ。ここで確認できないんだったら全く意味ない。直接自宅に送ってくれれば済む話じゃないですか」と言ったけど全く無駄。

基板を替えたの一点張り。話が噛み合ってない。

そして担当者はこれ以上何も話すことはないといった態度で無言になってしまった。

ありえない。本当にありえない。

元々の機材不良(?)、ニコンの修理ミス、さらにニコン側からの依頼で時間と費用をかけて新宿まで来たのに

こんなの納得できるわけがない。

もちろん怒ったり怒鳴るようなことは一切してないです。こういう時は事実を冷静に伝えるのがベストですから。

ただ、ここで何を言っても無駄なのも分かっている

担当もこちらの話を聞く気はないようだし、受付で声を荒げても逆にクレーマーみたいに扱われるのもムカつくので、諦めてニコンプラザから帰ってきました。

何のために無理やり時間を作って新宿まで行ったのか。

なんだか虚しかったなぁ。ぼったくりバーでぼったくられたような感覚でトボトボ歩いて帰りました。行ったことないから分からないけど。

帰宅後、Z7を確認。

故障箇所は直ってました・・・。

まとめ

長年ニコンのカメラを使ってきて、カメラとレンズでうん百万円と使ってきました。

別にそれは自分が好きだったからいいんです。

今も新しいレンズNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを予約してる最中です。

旅の相棒としてニコンのカメラと様々な所へ行きましたし、フォトグラファーとして少しずつ仕事も頂けるようになりました。

ニコンのカメラが本当に好きです。

退任したミスターニコン、フェロー後藤氏の講演会とかも行きましたし。

しかし、今回の対応には納得いかないのが正直な気持ち。たかだか数時間と交通費ではありますが、なぜニコンのミスに僕がお金を負担しなければならないのか。

あ、今気付いたけど、信頼してた人に裏切られた気持ちってこんな感じなんですかね。

まあ僕に何かができるわけでもないですし、できるとしたらニコンをやめてマウント変更するくらい。

でもFからZへ移行したばかりで相当お金も使ってる。ここから他社へ移行するのは金銭的にもう無理。

さらにニコン機の操作に慣れてますから、今さらニコン以外を使うなんて辛いだけ・・・。

それでも今回の対応は納得できず、新宿からの帰り道、他社に移行しようかと本気で考えてました。

それにしても、僕はこういう不具合系や残念な対応に遭遇する率が非常に高い。

伝説となったAppleの信じられない超最悪な対応や、Z6の初期不良のヨドバシも最悪だったけど、今回のニコンもなかなか酷いものでした。

機械だから不具合は仕方ないんですよ。そのあとが問題。普通に対応してくれればそれでいいのに。

対応で印象は大きく変わるもの。信頼をなくすなんて一瞬ですね。

とりあえず、今はソニーのサイト見てます(笑)。

-カメラ
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.