旅行記

狭山公園で野鳥撮影

投稿日:

狭山公園

休みとなった10月上旬の月曜日。

せっかくなので野鳥でも撮影しようかと思いましたが、いつも行く東京港野鳥公園は月曜日が休園日。

というか、都の施設は大体月曜日が休み。

しばらく考えて、都内で月曜日でも野鳥が撮影できる場所として、東京都東村山市にある狭山公園を思い付きました。

数年前に一度だけ行ったことがある自然溢れる公園です。

というわけで、今回は狭山公園で野鳥撮影をしてきました。

一応ギリギリ都内です。

狭山公園

狭山公園は多摩湖のすぐ隣りにある自然公園。

池や森林もあるので野鳥もたくさんいます。

森林の中とはいえ整備された公園内ですので、快適に撮影ができるはず。

なお、狭山公園には無料の駐車場があります。

45台停められる駐車場で、利用可能時間は9:00〜17:00です。(17時以降は門が締まります)

狭山公園狭山公園の広場。
狭山公園ススキがとても綺麗でした。
多摩湖狭山公園の隣は多摩湖。
西武ドーム多摩湖越しの西武ドーム。

撮影開始

13時頃に到着。

月曜日にも関わらず駐車場は8割ほど埋まっていてビックリ。

空いてる場所に車を停めカメラの準備。

カメラは2台。

Nikon Z7 + AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
Nikon Z6 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

野鳥が目的なので、高画素機のZ7に望遠を付けてトリミング作戦です。

というわけで撮影開始です。

狭山公園狭山公園内にある野鳥の森。

メマトイ

広大な狭山公園内には散歩道や広場はもちろん、雑木林や森林、池もあります。

もちろん私は迷わず森林に入ったわけですが、尋常ではないほどの虫が集まってくる。

一度まとわりつくと、数百メートル歩こうが離れない。

顔の周りをグルグルと飛び回る。

さらに隙きあらば目の中に入ってくる。

この虫の正体はメマトイ。

人の涙の成分が好物な虫らしい。

普段の撮影でも遭遇することはありますが、まさかこれほどまでにまとわり付かれるのかという異常なレベル。

常に十数匹はまとわり付いてきました。

森林を出て日光が当たる場所を歩くとメマトイはいなくなるけど、野鳥を撮るためには森林に入らないといけない。

そうなるとまたメマトイがまとわり付く。

この繰り返しで、もう撮影どころじゃない。

今までどこへ撮影に行っても、これほどまでに酷いことはなかったです。

ちなみに、メマトイはハッカ油が効果的だそうです。

次回は絶対にハッカ油を用意します。

ちなみに、蚊はいませんでした。

狭山公園森林の小道。野鳥の鳴き声はたくさん聞こえたのですが、とにかくメマトイが酷かった。

野鳥

それでもなんとか野鳥は撮影。

メマトイがさえいなければもっとたくさん撮れたんですけど、メマトイがあまりにも酷いので野鳥撮影は諦めました。

森林の中は野鳥の鳴き声がたくさん聞こえたんですけどね。

狭山公園メジロ。
狭山公園エナガ。
狭山公園見下し目線のエナガ。
狭山公園ガビチョウ。
狭山公園巣でしょうかね。
狭山公園カワセミの鳴き声が聞こえたけど姿は見えなかった池。

生き物

野鳥以外にも生き物はたくさんいました。

虫が多かったですけど、トンボやチョウなので撮影可能な虫たち。

というか、もうメマトイ以外なら何でも許せる境地になってました。

森林の中はクモの巣も多かったけど、メマトイのうっとおしさに比べたら何も苦じゃない(笑)。

狭山公園大きいカエル発見。
狭山公園クロアゲハ。
狭山公園羽のタグ(?)が綺麗な赤トンボ。
狭山公園とても立派なジョロウグモの巣。

まとめ

狭山公園には期待通りたくさんの野鳥がいました。

しかし、撮影を諦めるほどメマトイに邪魔され撮影は台無し。

メマトイさえいなければ、もっと野鳥を撮影できたでしょう。

本当にうっとうしかった。

イライラがマックスになるので、もし狭山公園で野鳥撮影する場合はメマトイ対策をオススメします。

私も次回はハッカ油を用意して行きたいと思います。

撮影機材

・Nikon Z7
・Nikon Z6
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
・AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR

-旅行記
-, , , , ,

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.