旅行記

【冬の北海道旅行記2】100mの凍った滝!層雲峡へ行ってきた

投稿日:2018/08/03 更新日:

層雲峡、銀河の滝

北海道2日目。

今日は層雲峡へ行く予定。

層雲峡(そううんきょう)は、北海道上川町にある峡谷である。大雪山国立公園に位置し、石狩川を挟み約24kmの断崖絶壁が続く。大雪山黒岳山麓にある層雲峡温泉は大型ホテルなどが立ち並ぶ北海道有数の規模を誇る温泉街で、層雲峡および大雪山観光の中心地となっている。
引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/層雲峡

この層雲峡で凄い滝を見る予定。

どう凄いかっていうと、流星の滝、銀河の滝という100mクラスの滝が2つ並んで凍ってるらしい。

これは見たい!

層雲峡へ

ホテルをチェックアウトし、旭川駅の層雲峡行きのバス乗り場まで移動。

実はこの時点で層雲峡へ行くのを悩んでました。

気持ち的にはとても行きたいんだけど、移動のタイムスケジュールが厳しくバスや電車の本数が少なくタイミングが合わない。

さらの層雲峡から目的の滝までの移動は1日1本のバスしかない模様。

念のために層雲峡行きのバスの運転手さんに聞いたところ、なんと滝行きバスは夏しか運行しておらず冬季は運休とのこと。

諦めようとしたら、タクシーでいいなら1,000円くらいで行けると教えてくれました。

せっかくここまできたわけだし、たぶん行けば何とかなるだろうし、トラブってもそれはそれで面白いんじゃないかということで層雲峡行きのバスに乗り込みました。

旭川から層雲峡まではバスで2時間。北海道は広過ぎる・・・。

層雲峡人がいなくて心配になる。
層雲峡バスに揺られること2時間。ようやく層雲峡温泉に到着!

層雲峡温泉から滝へ

層雲峡温泉のバスロータリーに観光センター的な窓口があったので係の方に滝へ行きたいことを伝えると、1台だけ待機していたタクシーの運転手さんを呼んできてくれました。

どうやら本来は30分3,600円の滝巡りツアーらしいんだけど、滝の写真を撮りたいと伝えると、ツアーじゃなく片道1,200円くらいで送り迎えしてくれるとありがたいお言葉。

なお、滝まで歩くと夏場で片道30分、冬場は1時間弱かかるとのこと。

運転手さんは僕のことを見て「お客さん若いから歩けると思うよ」と仰ってくださる。しかし若くないからそのままタクシー乗車。

層雲峡約10分で滝の駐車場に到着。帰りは電話で呼んでねと名刺をもらって運転手さんとお別れ。

流星の滝 銀河の滝

冬期2割増で片道1,200円でした。冬季割増ってのが北海道らしいですね。

しかし誰もいない(笑)。

まあ平日の真冬のこんな山奥に人がいるわけないのですが・・・。

目的の滝を見に行きます。

層雲峡、流星の滝まずは流星の滝へ。
層雲峡、流星の滝落差90m!おぉ、凄い!!滝の真ん中は水が流れてました。
層雲峡、銀河の滝続いて銀河の滝。
層雲峡、銀河の滝落差120m!!こ、これは凄い!!

双瀑台

いや~、凍ってる滝なんて初めて見たので感動です。自然の力って凄い。

そして、この2つの滝を同時に見られる双瀑台という展望台があるんですね。

ここへ来るタクシーの中で、双瀑台に行きたいと運転手さんに伝えたら、この季節は除雪してないから登るのは厳しい、行っていけないことはないけど多分無理だよとのことだったけど、とりあえず行ってみました。

層雲峡、双瀑台双瀑台入口。
層雲峡、双瀑台双瀑台はここから20分登ったところ。やっぱり雪が凄くて無理・・・。
層雲峡、双瀑台凍った滝を同時に2本見られたら感動だろうなぁ。・・・ん???
層雲峡、双瀑台ヒグマ!?これは怖い!!

層雲峡温泉へ戻る

双瀑台を諦めたことで、やることが無くなってしまった(笑)。

とりあえず、滝の下を流れる川の方へ行ってみました。

層雲峡僕にとっては物凄い豪雪だけど、これでも例年より40cmは雪が少ないとのこと。

1時間弱ふらふらしてほんとにやることが無くなったので層雲峡温泉へ戻ることに。

タクシーの運転手さんを呼ぼうと思ったけど、帰りのバスまで時間があったので歩くことにしました。

雪がぱらつく中いざ出発。

層雲峡本当に誰もいない。
層雲峡野生の鹿がずっとこっちを見てる。
層雲峡崖にも鹿を発見!真ん中の点が鹿。
層雲峡餌を探しているらしいけど、こんな壁のような崖で凄い。

鹿を食べてみる?

歩くこと50分。層雲峡温泉にやっと到着。タクシーなら10分なのに。

でも雪の中を歩くのは楽しかったです。

層雲峡層雲峡商店街へ行ってみる。
層雲峡、エゾシカイタリアン発見。ん、エ、エゾシカ???
層雲峡、エゾシカさっき野生のシカに感動したばかりなのに注文してみる(笑)。エゾ鹿と愛別産舞茸のストロガノフ風。

初めてシカを食べたけど、なんていうかクセもないけど味もない感じ。

これは煮込んでるから柔らかい部分もあるけど噛み応えがかなりある。

この料理自体は美味しかったけど、鹿肉は僕的にあまり好きじゃないかも・・・。まあ話のネタにってことで。

そんなわけで、帰りのバスの時間。

層雲峡今度は夏に来るよ層雲峡。

旭川から富良野へ

2時間かけて旭川駅に到着。バスだけで往復4時間かかるとは層雲峡恐るべし。

しかし、ここからまたしても移動です。

今日は旭川でホテルが取れなかったので、なんと富良野まで移動しなくてはいけません。

しかも時間がなくダッシュでホームへ。旭川から富良野は富良野線で約1時間。

富良野線富良野線。
富良野線富良野駅まで1,070円。

富良野到着

富良野到着!

しかし富良野駅をゆっくり見てる暇なし。

到着が18:59でホテル行きのバスが19:00発という無茶苦茶(笑)。

初めての駅なのにとりあえず出口に向かってダッシュ。しかしホテル行きのバスは動き出していた。

あー、行っちゃったと思ったら運転手さんが気付いて停まってくれた。

ホテルまでバスだと170円だけど、タクシーだと2~3,000円はかかるので雲泥の差。助かりました。

富良野富良野スキー場の目の前で降りてホテルまで2分ほど歩く。スキーやりたいなぁ。

ようやくホテルにチェックイン。

とにかく長い一日でした。移動だけで6時間くらいかかってますからね(笑)。

本日の予定を全てこなしたので後は飲むだけ。

ホテル近くのオシャレな飲み屋に突撃。

富良野、地ビール富良野地ビールを注文。これめちゃくちゃ美味しい!!
富良野、地ビール美味しかったんで3種類全部制覇。

3種類の地ビールを飲んでたら、店員のお姉さんがメニューにないペールエールもありますと内緒で試飲用に持ってきてくれたのでした。

なので調子に乗って5杯も飲んでしまった。話し相手もいないのに閉店まで2時間くらい飲んでました。

お店を出て雪の中ホテルまでフラフラ歩きながら、こな~ゆき~って歌ってみる。

富良野冷たい空気が酔った身体に気持ち良かった。

これで2日目は終了。

明日は北海道最終日。旭山動物園に行ってから東京に帰る予定。

朝一で旭川に戻る予定だから、残念ながらせっかく来た富良野を全く堪能できない。

せめてもと思い北の国からのテーマを口ずさみながら就寝。

冬の北海道旅行記シリーズ

関連記事
網走、流氷
【冬の北海道旅行記1】網走で流氷!砕氷船おーろらに乗ってきた

ある冬の出来事。 流氷が見たい! 特急に乗りたい! 動物が撮りたい! という衝動にかられ、この3つを同時にかなえてくれる場所はないものかと探しました。 流氷が見たい→ おーろらがあるじゃないか! 特急 ...

続きを見る

関連記事
層雲峡、銀河の滝
【冬の北海道旅行記2】100mの凍った滝!層雲峡へ行ってきた

北海道2日目。 今日は層雲峡へ行く予定。 層雲峡(そううんきょう)は、北海道上川町にある峡谷である。大雪山国立公園に位置し、石狩川を挟み約24kmの断崖絶壁が続く。大雪山黒岳山麓にある層雲峡温泉は大型 ...

続きを見る

関連記事
【冬の北海道旅行記3】ペンギンの散歩!雪の旭川で旭山動物園へ行ってきた

 北海道3日目。 今日は富良野から旭川に戻り旭山動物園へ行きます。そして旭川空港から東京へ帰る予定。 旅の終わりはいつも帰りたくない病が発症します。 困ったものです。 富良野早朝散歩 北海道の朝日 ...

続きを見る

-旅行記
-, , ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.