ガジェット

アーケードアーカイブスのTrack & Field(ハイパーオリンピック)を買ってみた

投稿日:2019/10/04 更新日:

Track & Field(ハイパーオリンピック)

東京オリンピックまでもう1年切ってますね。

地獄のような暑さの日本で成功するかは分かりませんが、やってみたら大感動のオリンピックだったという結果になって欲しいものです。

さて、そんなオリンピックですが、僕の中でオリンピックと言えば、コナミのハイパーオリンピック

まさか今の時代になってこれが簡単に手に入るとは。驚きました。

ハイパーオリンピック

ハイパーオリンピックとは1983年に発売されたゲーム。1984年のロサンゼルスオリンピックがテーマになってました。

これをゲームセンターでやったことがある方は、ドルアーガの塔とかイーアルカンフーをリアルタイムでやった世代でしょう。

で、先月の東京ゲームショウで最新のオリンピックゲームを見ましたが、僕にとってはこの初代ハイパーオリンピックを超えるオリンピックゲームはありません。

操作は超簡単。ひたすら連打。根性が必要なゲームでした(笑)。

しかしそこはゲームですから、当時攻略法として効率重視のプレイが発生しました。僕の周りでは以下の3パターン。

1 高橋名人ばりのひたすら連射する根性タイプ
2 ガチャガチャのカプセルを指先にハメてボタンをこする効率重視タイプ
3 定規の振動を利用する頭脳派タイプ

僕は定規派。プレイ中に何本も折ったものです。研究を重ねた結果、15cmのプラスティック製に辿り着いたのは懐かしい思い出。

ちなみに、カプセルでこするのが1番速かったと思います。

そんな根性のゲームであるハイパーオリンピックが突然やりたくなりました。操作が簡単でシンプルなゲームは気軽にできますからね。

色々と探してみたところ、アーケードアーカイブスという配信サービスを発見。

関連記事
東京ゲームショウ2019
東京ゲームショウ2019へ行ってきた1

東京ゲームショウの季節がやってきました。 今年の開催期間は2019年9月12日〜15日。 ビジネスデイが12日13日、一般公開日が14日15日。場所はいつもの幕張メッセ。 僕は撮影のお仕事で初日のビジ ...

続きを見る

アーケードアーカイブス

PS4やSwitchでレトロゲームを中心に配信しているアーケードアーカイブス。

リストを見ると懐かしいゲームばかり。これヤバいですね。やりたいゲームがいくつかありました。

で、このシリーズの中にハイパーオリンピックがあったんですね。しかも2019/9/12に発売したばかり。価格は823円。

ただし、タイトルはハイパーオリンピックではなく、海外版のTrack & Field。版権の問題でしょう。

まあゲーム性は一切替わりはないので大丈夫。

さっそくダウンロード。

なお、一応僕はPS4とSwitchを持ってますが、なんとなくSwitchで購入しました。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

Track & Field(ハイパーオリンピック)

起動してみたものの、あのタイトルミュージックがない。これは残念でした。

これも版権の問題のようです。仕方なし。

しかしこのタイトル画面は懐かしい!ちょっと感動。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

さっそくプレイ!

まずは100m走から。

ひたすら連射しましたけど12秒台。遅い(笑)。

というか、昔のように指が動かない(笑)。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

2種目目は走り幅跳び。

連射しながらジャンプボタンが難しい。すぐファールになる。

上手くジャンプできても、1番飛ぶといわれていた45°が出せない。

でも普通にやればクリアはできます。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

3種目目はやり投げ。

これは上手くできた!まあこの記録なら充分でしょう。

なお、やりが飛ぶ時の効果音がサイレンみたいでちょっと不気味(笑)。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

4種目目は110mハードル。

これは連射しながら、テンポよくハードルを超えるためにジャンプボタンを押さなければならずなかなか大変。

それほど難しくはないけど1番疲れる競技。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

5種目目が砲丸投げ。

これは難しくて未だにクリアできてません。

回転速度が速くなるともう手に負えない。しかし、タイミングさえ合えばクリアのイメージは掴める。

まあクリアできてませんけど。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

6種目目がラスト。走り高跳び。

砲丸投げはまだクリアできてないんですが、1回だけならコンティニューで次に進めるんですね。

で、この高跳び。

これが難しすぎてクリアできない。ジャンプボタンを3回押して角度を変えなくちゃいけないんだけど非常に難しい。

最後の種目ということもありチャレンジ自体なかなかできないですし。なので、走り高跳びをやるためには、1種目ずつクリアして到達するしかないですからね。

ということで、今のところ全くクリアのイメージが湧きません。

Track & Field(ハイパーオリンピック)

まとめ

東京オリンピック目前でタイミング的にもTrack & Field(ハイパーオリンピック)はピッタリです。

4名まで遊べるので、Switchで仲間と遊ぶのも楽しそうですね。ボタンを破壊されないか心配ですが。

最新のゲームと比べるととてもチープですけど、ちょっと気晴らしに10分くらい遊べる気軽さが最高です。

というか、10分くらいが限度。連射で手が痛くなります(笑)。

そうそう、アーケードアーカイブスは他にも懐かしいゲームが盛りだくさん。

僕的に懐かしいのはテラクレスタ。5機合体すると火の鳥になるシューティングゲーム。当時は意味も分からずゲームセンターでやったものです。下手すぎて2面までしか行けなかったなぁ。

いやー、まさか、このテラクレスタまであるとは。懐かしすぎて泣けてきます。

アーケードアーカイブスを見てると色々と買ってしまいそうで怖いです。

秋の夜長に懐かしいゲームもいいかもしれませんね。

関連記事
Tryone寝ながらタブレットスタンド
『Tryone寝ながらタブレットスタンド』でベッドを楽園にする

僕が子供の頃に遊んだゲーム機といえばファミコンでした。 ファミコン世代です。 それからスーパーファミコンが出て、プレステが出て、と何気にゲーム機に関しては黎明期からずっと見てきました。 ぴゅう太とかリ ...

続きを見る

-ガジェット
-

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.