Nikon Z6 カメラ 撮影記

Nikon Z6 レビュー3 〜深夜徘徊で高感度撮影を試してみた〜

投稿日:2018/12/05 更新日:

Z6

Nikon Z6の不具合問題も無事解決したので、Z6をカバンの中に入れて持ち歩くようになりました。

本当に軽いので普段使いのカメラとして手放せなくなっています。

それにしても、EVFによる撮影効率のよさを味わってしまうとOVFに戻れなくなってしまいそうです。

一応これでもZ6を購入する前まではOVF以外使う気になれなかったんですけどね。Z6はEVFであることをあまり感じさせないほどの完成度です。

というわけで、今回はZ6の強みでもある高感度撮影を試してきました。

Z6の高感度性能

Z6の高感度性能は凄まじく、前回の高尾山の試写では本当に驚きました。

購入前にスペックを見て、ある程度は高感度に強いと予想してましたが、まさかこれほどとは。

高感度に強いということは、暗い室内でも深夜でも難なく撮影できるということですね。手持ちで夜景も楽勝です。

深夜徘徊で高感度レビュー

さらに高感度撮影を試すべく、Z6を持って深夜徘徊してきました。

というか、終電で帰ってきたので、うろうろと歩き回っただけですけどね。

なお、レンズはNIKKOR Z 24-70mm f/4 S。全てJepg撮って出しです。

Z6暗い店内でも問題なし。むしろZ6の本領発揮。
Z6氷の質感がいいですね。
Z6僕は嫌煙者ですが友人が吸っていたので。
Z6深夜の飲み屋街。
Z6クリスマス用のイルミネーションでしょうか。
Z6駅のエレベーター。
Z6駅のコインロッカー。
Z6長電話を物語るような空き缶。
Z6深夜1:05。
Z6ネオンもきっちり。
Z6誰もいない深夜のスーパー。
Z6暗闇に浮かぶ自動販売機。
Z6街灯の光で薄く透ける葉。この写真を撮った瞬間、Z6を購入してよかったと心から思いました。
Z6この枝と葉の立体感。プレビューで確認した瞬間「凄っ」と声が出ました(笑)。
Z6誰もいない裏路地。

まとめ

夜の街をそのまま切り取ったような、とても自然な写真になったと思います。

高感度性能とボディ内手ぶれ補正で、最強の深夜徘徊カメラと言っても過言ではないでしょう。もちろんキットレンズであるNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sの完成度の高さも要因の1つですけどね。この組み合わせは最高です。

Z6のEVFは被写界深度の反映こそありませんが、露出・ISO・シャッタースピード等による明るさがリアルタイムで反映します。このEVFのおかげで暗い中でも非常に簡単に撮影ができます。

夜景やこういった夜の何気ない撮影が本当に楽しいです。

ですので、Z6を持つとまっすぐ家に帰れなくなります。全く困ったカメラです。

星空撮影も

今後は三脚に乗せてじっくりと夜景の撮影も行ってみたいですね。

そして近々、星空の撮影予定があるのでZ6を試してみたいと思います。

Z6での星空撮影は気になる方もいらっしゃると思いますので撮影後レポートします。

12/9追記

富士五湖で星景撮影してきました!

Z6レビューシリーズ

関連記事
Z6
Nikon Z6 レビュー1 〜ファーストインプレッション〜

発売日の翌日に勢いで購入したNikon Z6。 しかし、いきなり背面液晶画面のドット落ちだったことが判明。色々ありましたが、それも製品交換で解決。 実はこういった初期不良に当たることがよくあります・・ ...

続きを見る

関連記事
高尾山
Nikon Z6 レビュー2 〜高尾山で試写してみた〜

僕はカメラやレンズを購入すると羽田空港で試写をします。 というか、羽田空港が好きです。 しかし今回はちょうど紅葉の時期ということもあり、購入したばかりのNikon Z6の試写会場として高尾山をチョイス ...

続きを見る

関連記事
Z6
Nikon Z6 レビュー4 〜星空撮影してみた〜

前回、Nikon Z6とキットレンズであるNIKKOR Z 24-70mm f/4 Sを持って深夜徘徊をしました。 夜をそのまま切り取ったような描写は感動的ですらあり、僕の中では最強の深夜徘徊カメラと ...

続きを見る

-Nikon Z6, カメラ, 撮影記
-, , , , ,

Copyright© 大佐フォト , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.