旅行記

Nikon Z7でNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRを使ってみたら凄すぎた

投稿日:2019/12/29 更新日:

Z50

ニコンのミラーレス機、ZマウントシリーズでついにAPS-C機が発売されました。

それがNikon Z50

すでにZ7とZ6へ移行している僕としては気になっていたカメラ。

ちょっと所要でニコンプラザ新宿へ行ってきたので、ついでに触ってきました。

Nikon Z50

Z50を手に取った感想は軽い!小さい!

普通のバッグにも入りますから、いつでもどこでも持っていける。

これはいいですね。

ただ、僕的にはZ7やZ6とボタン配置が違うことや、バッテリーの共有ができない点がちょっと辛い。

でも欲しい(笑)。

Z50驚くほどコンパクトなZ50。

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

実はZ50よりも気になっていたのが同時に発売となったDX用レンズ。

それも望遠レンズのNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRを試してみたかったんです。

これをフルサイズ機のZ7で使用すると、焦点距離はDXモードとなり75〜375mmに相当します。

この時の画素数は約2,000万画素。

画素数的にはこれでも充分ですね。

それにZマウントにはまだ望遠レンズがないので、FTZを介さずに使用できる望遠レンズは貴重だったりします。

Z7で使用

実際にZ7に付けてみました。

レンズをZ7に付けると自動的にDXモードへ切り替えとなります。

まずは適当に目の前のオブジェを撮影。

JEPG撮って出しです。

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 想像以上のシャープさ。

撮影しながら、このレンズ凄いかもとちょっと驚いてます。

続いて広角と望遠を試してみます。

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 広角端。75mm相当。f/4.5。
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 望遠端。375mm相当。f/6.3。

ブログ用にリサイズしてますので分かり辛いとは思いますが、解像力はメチャクチャ高いです。

最短撮影距離でも撮影してみました。

最短撮影距離は広角端で50cm。望遠端で1m。

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 広角端75mm相当で最短撮影距離50cm。
NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR 望遠端375mm相当で最短撮影距離1m。

望遠マクロとしても使用できるかも。

重量はZ7とレンズを合わせても1,080g。

約400mmの望遠が約1kgで済むって凄い。

さらにニッコールレンズ史上最高となる5段の手ブレ補正。手持ちでバンバン撮影できますね。

そしてこの高い解像度。

ボケは滑らかさに欠けますけど、そもそも4万円台のレンズです。

この価格でこの写りなら大満足のレベル。コスパ高すぎでしょう。

まとめ

Zマウントのロードマップを見ると、望遠レンズはフルサイズ用の100-400mmや200-600mmが発売予定されてます。

発売されたら買いたいと思ってますが、いつ発売されるか分からない。

それまでこのレンズを繋ぎとして使うのも悪くないかもしれない。

軽いし気軽に扱えるので、遊びやお散歩レンズに使えます。

何より4万円台という価格が魅力的。

これはちょっと購入を考えてしまうかも・・・。

僕としては、この価格でこのレベルなら、あえてFXで使うのもアリだと思いました。

-旅行記
-,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.