カメラ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを下取購入

投稿日:2021/01/04 更新日:

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

私のカメラはNikon Z7とZ6のミラーレス2台。

一眼レフのD850から思い切ってミラーレスへ移行してもう2年以上経ちます。

は、早い・・・、時の流れが恐ろしい。

Z7やZ6に不満はありません。

というか、充分満足してますので新しいZ7 IIやZ6 IIも特に気にならず(そりゃ欲しいですけど)。

それよりもレンズです。

当初の発表から発売延期を繰り返したZマウントの望遠ズーム、大三元の1本であるNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sがようやく昨年の8月末に発売。

実は発表当日から予約してず〜〜〜〜っと待ってましたが、繰り返される発売延期、そしてコロナの影響で一旦予約を取り下げねばならない状況になってしまいました。

発売延期さえなければ・・・。

まあ過去を振り返っても仕方がない。

色々とありましたが、ようやく購入することができましたので顛末とレビューを。

FからZへ

私のメインレンズの1つであるAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

本当に素晴らしいレンズです。

FTZを使用したZシリーズとの相性もいいですしね。

ただ生き物撮影では望遠域が足りないので、数ヶ月前にAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを購入しました。

関連記事
AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR
値切り成功!AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを購入したのでレビュー

僕のカメラはNikon Z7とZ6。 ミラーレスへ移行してもう2年。 とても使いやすく後悔はしていません。 なのでレンズも可能な限りZのマウントへ移行しています。 そんなZマウントで発売を待っているレ ...

続きを見る

私は基本的にZ7とZ6のカメラ2台体制で撮影してますが、70-200 f2.8E FLと200-500 f5.6を同時に使用したくても、アダプターのFTZが1つしかないので使用できません。

これは困った。

しかしそのためにもう1つFTZを購入するのもバカげてます。

ですので、70-200 f2.8E FLをZマウントのZ 70-200mm f2.8 VR Sに入れ替えるしかないという結論に至りました。

まあそもそもZ 70-200 f2.8は当初から買うつもりでしたが・・・。

マップカメラで下取り試算

購入するにあたって私が下取りに出すレンズは2本。

・AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
・NIKKOR Z 24-70mm f/4 S

70-200mm f2.8E FLは前述の通り、Fマウント時代から使い続けてるメインレンズ。

そしてNIKKOR Z 24-70mm f/4 SはZ6のキットレンズとしてセットで購入しましたが、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sを購入したことで使用しなくなり防湿庫で眠っているレンズ。

実はZ 70-200 f2.8の発売日である2020年8月にマップカメラで上記の2本を下取試算したら、Z 70-200 f2.8を購入するための追加で支払う金額が約9万円でした。

その後、10月くらいにもう一度試算したら、支払う金額は11万円超え。

2万円以上も上がってしまった。

ということは、レンズの買取価格が相当落ちた証拠。

特にキットレンズであるZ 24-70 f4 Sの下取り金額なんて2万円切りましたからね。

だったら売らずに持っていた方がいいと思うレベル。

まあマップカメラは売却価格が固定となるワンプライス買取なので、査定時の状態に左右されない安心感はありますがその分買取価格も安め。

ただ、一回9万円を見てしまったので、11万円超えの支払いは気持ち的に厳しい。

なお、Z 70-200 f2.8の販売価格は発売当初から変わらず287,100円でした。

買取金額大幅アップ!

年末の12月30日に、ふとZ 70-200 f2.8の金額が気になりチェックすると、販売価格は変わらず287,100円のまま。

しかし、下取金額が大幅に上がっていました

そういえば200-500 f5.6を購入する時に、コロナの影響でレンズの入荷が全く未定で2〜3ヶ月はかかると聞きました。

それもあって市場のレンズが不足してる状況になったんでしょうかね、分かりませんが。

で、マップカメラでチェックすると、追加の金額が92,740円

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

これはだいぶ安くなりました。

そして、以前中野へ行った時に寄ってみたフジヤカメラのことを思い出したので、フジヤカメラで下取り金額を調べてみると・・・。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

なんと追加の金額は81,250円!

マップカメラよりも1万円以上安く済みます。

マップカメラもフジヤカメラもZ 70-200 f2.8の販売価格は全く同じ287,100円

ただし、フジヤカメラはレンズの状態で査定額は変わります。

買取金額の上限額(新品同様)で81,250円。

査定額は下がる可能性は大きいですが、それでもフジヤカメラで査定してもらうことにしました。

なお2021年の経費にしたかったので、フジヤカメラへ行くのは新年最初の営業日である1月3日を予定。

フジヤカメラへ

1月3日、フジヤカメラへ行く前に、もう一度自宅で下取金額を調べてみると・・・。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

ゲゲッ!2,000円以上高くなってる!

支払う金額が83,550円になっていました。

たった数日で2,000円もアップするとはショックです。

しかもこれは新品同様での査定額。

Z 24-70 f4 Sはあまり使ってないので高額査定のワンチャンありますが、70-200 f2.8E FLは4年以上使用してますし、西表島の亜熱帯ジャングルにも数回持っていったほど酷使してます。

場合によってはマップカメラと変わらないか、それよりも査定額が下がる可能性もあるかもしれません。

とりあえず、下取りに出すレンズ2本を持ってフジヤカメラの初売りに突撃。

本店2階の買取窓口でZ 70-200 f2.8の下取購入を依頼。

査定に15分くらいかかるとのことだったので店内を見て回ると・・・。

な、な、なんと!!!

Z 70-200 f2.8の販売価格が安くなってました!

初売りの本日のみ287,210円273,800円と通常よりも13,410円も安くなっている!

2,000円アップでショックを受けてましたが、それよりも遥かに大きい、本体が13,000円も安くなっているとは。

初売り万歳!フジヤカメラ最高!

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S1月3日限りの初売り価格!

査定終了

査定は10分程で終了。

まずZ 24-70 f4 Sの査定額は、最高額(Aランク)の48,300円

凄い!

キットレンズだから外箱も説明書もないし(付属品は全部付いてます)、ハワイとか旅で結構使ったのに新品同様の査定でした。

続いて70-200 f2.8E FLの査定額は151,252円

これは最高額より1ランク下の金額(AB+ランク)とのこと(ちなみに、この時の最高額は155,250円)。

なるべく綺麗に使用するように心がけてましたが、4年以上前の発売日に購入し、メインレンズとして海・山・旅と常に使ってきたレンズなので査定には満足です。

綺麗に使ってきて良かった。

さらに、リモートコードMC-36Aも下取りに出しました。

これはD850用に購入したもので定価は18,700円。

しかし、こういったアクセサリー類の買取は非常に安いということで、下取価格は1,150円でした。

メルカリあたりに出せばもっと高く売れますが、面倒なのでそのまま下取りに出しました。

査定結果

査定結果は合計で200,675円

Z 24-70 f4 S   48,300円
70-200 f2.8E FL 151,225円
MC-36A      1,150円 
 

で、Z 70-200mm f/2.8 VR Sの販売価格が273,800円ですので、差額として支払う金額は73,125円でした。

当初は90,000円前後を予想していて、85,000円前後なら御の字、8万円前半ならラッキーくらいに思っていましたが、まさかの7万円台前半で収まるとは。

偶然でしたが初売りに来てよかったです。

ちなみに、フジヤカメラは外箱や保証書がなくても買取価格は変わりません。

なので、メルカリで外箱だけ売るってのもアリかなと。

私は面倒なのでやりませんが。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S下取りに出した70-200 f2.8E FLと購入したZ 70-200 f2.8。

開封

購入したNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sをさっそく開封しました。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR SZ 70-200 f2.8の外箱。Zの特有の黒箱です。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S外観はとてもシンプルです。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S70-200 f2.8E FLに比べ操作パネルはシンプル。しかしコントロールリング等で恐ろしく便利になってます。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sレンズフードを付けZ6に装着。フードは70-200 f2.8E FLの方がしっかりしていて良かったです。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sレンズ情報パネル。ほぼ使いませんが・・・。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sフィルター径は77mm。70-200 f2.8E FLで使用していたアルクレストをそのまま流用。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S以前はカッコ悪いと思ってましたが、2年以上も使ってるとカッコ良く思える不思議。

感想

長年、70-200 f2.8E FLを使用してきた者の感想として、まず第一にZ 70-200 f2.8は軽い!

いや、実はスペック上だとZ 70-200 f2.8の方が長いし重いです。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
寸法
約89mm×220mm
約88.5mm×202.5mm
質量
約1440g
約1430g

しかし、Zシリーズに使用する際に必ず必要となるFTZの135gがないので、重量は軽く、大きさもコンパクトに感じます。

やはりネイティブ環境はいいですね。

そして、私がZマウントレンズで最も素晴らしいと思っているコントロールリング。

このコントロールリングに露出補正を割り当てるともう戻れません。

本っっっっ当に便利です。

そしてFnボタン。

私はFnボタンにAF追尾を割り当ててますが、これも便利なんですね。

Zシリーズはファインダーから目を離さずに全ての操作ができるので、生き物撮影の時などは特に重宝してます。

まとめ

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの発売から約半年。

ようやく購入することができました。

タイミング的にも最高だったと思います。

初売りってメチャクチャ安くなるんですね。

そして、下取に出す時は、

・状態良ければフジヤカメラ。
・状態悪ければマップカメラのワンプライス。

がベストということも分かりました。

というわけで、NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sで撮影してきたので、また次回に。

関連記事
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
井の頭公園でNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの試写とレビュー

1月3日のフジヤカメラ初売りでNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを購入しました。 予想以上の安さで購入できたのはラッキーでした。 それが前回の記事。 関連記事 浮かれ気分でそのま ...

続きを見る



created by Rinker
ニコン
¥312,399 (2021/01/28 12:09:44時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ニコン
¥188,362 (2021/01/28 10:18:32時点 Amazon調べ-詳細)

-カメラ
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.