カメラ

井の頭公園でNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの試写とレビュー

投稿日:

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

1月3日のフジヤカメラ初売りでNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを購入しました。

予想以上の安さで購入できたのはラッキーでした。

それが前回の記事。

関連記事
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを下取購入

私のカメラはNikon Z7とZ6のミラーレス2台。 一眼レフのD850から思い切ってミラーレスへ移行してもう2年以上経ちます。 は、早い・・・、時の流れが恐ろしい。 Z7やZ6に不満はありません。 ...

続きを見る

浮かれ気分でそのまま中野でラーメンを食べて一旦帰宅。

初めて入った店でしたが美味しかったです。

自宅でレンズを開封してZ 70-200 f2.8を持って試写へ。

場所はもう決めています。

武蔵野三大湧水池の1つ井の頭恩賜公園です。

武蔵野三大湧水池

武蔵野三大湧水池とは、善福寺池(善福寺公園)、三宝寺池(石神井公園)、井の頭池(井の頭恩賜公園)のこと。

このブログでは何度も登場する公園です。

知名度的には、

1 井の頭池(井の頭恩賜公園)
2 三宝寺池(石神井公園)
〜越えられない壁 〜
3 善福寺池(善福寺公園)

といったところでしょうか。

しかし私は善福寺池(善福寺公園)が一番好きです。

1月1日は善福寺公園、1月2日は石神井公園に行ったので、1月3日は最後の井の頭恩賜公園へ行こうと決めていました。

井の頭恩賜公園

吉祥寺駅から歩いて10分弱。

井の頭恩賜公園、通称井の頭公園に到着しました。

正月休み最終日ということで、やはり人が多いですね。

連日の武蔵野三大湧水池巡りでは最大の賑わいを見せている井の頭公園。

さすが人気の公園です。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの試写開始

今回のミッションは先程購入したばかりのNIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sの試写。

ですので、カメラはニコン最大の画素数を誇るZ7をチョイス。

画質的にはこれ以上ない組み合わせです。

ストラップにZ 70-200 f2.8を装着したZ7をぶら下げたまま自宅から来たので、そのまま撮影開始です。

一昔前なら、いくらコンパクトになったとはいえ70-200mmクラスのレンズが付いたカメラをぶら下げて電車に乗っていたら、間違いなく不審者として見られましたけどね。

いい時代になったものです。

さて、時間は15:30。

井の頭池を1周した頃にはちょうど夕焼けになるという完璧なスケジュールです。

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S井の頭公園に来ると必ず撮るジブリ美術館の看板。最初の1枚で気付きました。あ、このレンズ凄いと。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S開放f2.8で撮影。開放でもこの解像度。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S井の頭池。周辺減光どこいった?
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sワカケホンセイインコ。色乗りが素晴らしい。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S真下に来たら睨まれました。枝があっても迷わない上に爆速なAF。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR SSSは1/4。それでもピタッと止まるVRは超強力。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sこのヌケの良さ。惚れ惚れします。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sボート乗り場。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sハクセキレイ。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S最短撮影距離は驚異の1.0m(焦点距離200mm)。70-200 f2.8E FLの1.1mからさらに進化。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sエサを探すカルガモ。息遣いまで聞こえてきそう。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S井の頭公園といえばボートですね。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S夕焼け映す井の頭池。逆光耐性は非常に高い。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S日没直前の夕日。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S井の頭公園の灯。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S吉祥寺通りを走るバス。凄まじい空気感。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sビルの隙間から夕焼け。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S駅前の雑居ビル。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S吉祥寺駅のホームにて。
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S夕焼けと富士山。

感想

NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR Sを使ってみた感想ですが、最高以外の言葉が出てきません

非常に高い解像度、自然でなめらかなボケ、凄まじい透明感と立体感はまるで空気まで写ってるような錯覚に陥ります。

アルネオコートとナノクリスタルコートによる高い逆光耐性。

NIKKORレンズ史上最高の5.5段手ブレ補正は超強力。

オートフォーカスは爆速で評判だった70-200 f/2.8E FLと同等。

最短撮影距離は焦点距離70mmで0.5m、焦点距離200mmでも1.0mとかなり寄れますので、小さな生き物撮影にも威力を発揮してくれそうです。

私はVR IIからニコンの70-200mm f2.8を使ってきました。

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II
 ↓
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR
 ↓
NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S

今回で3本目の70-200 f2.8となりますが、間違いなく70-200 f2.8史上最高傑作のレンズでしょう。

そしてZレンズ特有のコントロールリングとFnボタンが使いやすさに拍車をかけています。

コントロールリングに露出補正を割り当てると、もう通常の露出補正ダイヤルは使用できなくなります。

正直、Fマウントの70-200 f2.8E FLがズームレンズとしての最高傑作だと思ってたんですけど、それ以上の完成度になるとは。

化け物レンズですね。

Zシリーズはカメラ自体が小さいので、多少の重さに耐えられるならスナップやお散歩レンズにも使えます。

うーむ、このレンズ弱点が一切見当たらない。

どうしよう、これ常に持ち歩きたいレンズです。

あ、弱点気付きました。

さすがにこのレンズでラーメンの写真は撮れませんね(笑)。

中野 ラーメン中野で食べたラーメン。iPhoneで撮影。美味しかったけど、自分史上最高に味が濃かったラーメンでした。

撮影機材

・Nikon Z7
・NIKKOR Z 70-200mm f/2.8 VR S
created by Rinker
ニコン
¥246,800 (2021/07/27 18:37:28時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事
カワセミ
善福寺公園でカワセミと野鳥撮影

初日の出を撮影した帰り時間はまだ朝8:30。 このまま家に帰ると早朝に起きた反動で寝てしまう。 寝るとそのまま夜になり、せっかくの元日が終わってしまう。 カメラ機材一式も持っているので、このまま撮影に ...

続きを見る

関連記事
石神井公園
石神井公園で氷の上を歩く野鳥たち

2021年1月2日、本日も撮影に行こうと場所を考える。 そうえいば、元日の昨日は城南島海浜公園で初日の出撮影から善福寺公園で野鳥撮影をしました。 城南島海浜公園では素晴らしい初日の出を見ることができ、 ...

続きを見る

-カメラ
-, , , ,

Copyright© 大佐フォト , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.