雑記

圧力鍋が無くてもトロけるラフテーを作ってみた

投稿日:2019/05/26 更新日:

ラフテー

僕は沖縄料理が好きです。

近所にある沖縄料理屋には月2回ほど行ってます。

というか、沖縄料理が食べたくて毎年沖縄へ行ってるくらいです。

1番好きなメニューはフーチャンプルー。もずくの天ぷらも最高。ラフテーも美味しいですよね。

沖縄で食べるラフテーはなぜあんなに美味しいのだろうか。

というわけで、自宅であの味を再現できないものかとラフテーを作ってみました。

材料

使う材料は以下。

・豚バラ肉
・卵
・ネギ
・生姜
・カツオダシ
・醤油
・砂糖
・泡盛

まずは材料を買い出し。

豚バラ肉はブロックを使うので、近所の行列ができる精肉店で購入。

普通の精肉店なのに行列ができるんですよね。肉買うのに10分も並びました。

そのまま八百屋でネギ・生姜・卵を買って帰宅。

僕は圧力鍋を使わない(持ってない)ので、煮込む時間が重要です。

完成まで約2時間の予定。煮込んでる間はiPadで本でも読みながら待ちます。

ラフテー豚バラ肉ブロック。

下茹で

適当な大きさにカット。鍋の大きさに影響されますが、この段階ではなるべく大きくカット。

なぜならば、大きいブロックの方がそれっぽいから。

まあ最終的には1口サイズに切りますけどね。

フライパンで全面を焼きます。

ラフテー焼き色を付けるのが大事。6面全て均等に焼き色を付けます。

それから下茹で。

この時、泡盛を入れると肉が柔らかくなります。

アクを取りながら弱火で40〜50分ほど煮込みます。

その間にもう1つの鍋でゆで卵を作ります。

ラフテー泡盛を惜しみなく投入。
ラフテーラフテーに煮卵は外せません。

味付け

豚肉の下茹でが終わり、ゆで卵が出来たら、今度は味付け用の鍋で煮汁を作ります。

・水
・カツオダシ
・醤油
・砂糖
・泡盛
・ネギ(青い部分のみ)
・生姜

分量は適当です。

なんとなく沖縄の色と味を思い出しながら調整。

そこに豚肉とカラを剥いたゆで卵を入れ、アクを取りながら60分ほどじっくり煮込んで完成!

ラフテーじっくりコトコト煮込みます。時々様子を見てアク取り。

実食

完成したら、肉は1口ほどの大きさに切って盛り付け。

ネギは余っていた白い部分を使います。

ラフテーなお、僕は盛り付けのセンスが絶望的です・・・。

いざ実食。

おぉ!メチャクチャ柔らかい!

圧力鍋を使わなくてもちゃんと作れば柔らかくなります。

下茹での泡盛がポイントです。

泡盛をケチってはいけません。

そして作ってる最中に飲んではいけません。

間違いなく酔っ払います。

ゆで卵にもしっかり味が付いてます。

調理時間は約2時間。

かなり時間がかかりましたが、とても美味しく出来ました。

店の味にかなり近いと思います。

満足です。

ちなみに、今回はこの量で5食分。

しばらくの間はオリオンビールとラフテーが続きました。

created by Rinker
オリオンドラフト
¥5,069 (2020/10/22 01:02:20時点 Amazon調べ-詳細)

-雑記
-

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.