旅行記

12月中旬の神代植物公園で紅葉を撮影してきた

投稿日:2019/12/19 更新日:

深大寺

気付いたら12月の中旬。

今年は関東の紅葉シーズンど真ん中に北海道へ行ってしまったこともあり、タイミング的に紅葉撮影は諦めていました。

しかし、都内でまだギリギリ紅葉が楽しめる場所があったのです!

それが神代植物公園

というわけで、今回は神代植物公園で紅葉を撮影してきました。

神代植物公園

神代植物公園は東京都調布市にある都立の植物公園。

さくら園・ばら園・うめ園が有名ですね。

広大な芝生広場もあります。

雰囲気的には新宿御苑に似てますが、植物の種類は神代植物公園の方が豊富です。

特にバラの品種は凄まじいものがあります。

開園時間
9:30~17:00(最終入園は16:00まで)

休園日
毎週月曜日(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合はその翌日が休園日)
年末年始(12月29~翌年1月1日)

入園料
一般・大人 500円
65歳以上  250円
中学生   200円(都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下無料

年間パスポート
一般・大人 2,500円
65歳以上  1,250円

神代植物公園神代植物公園。

駐車場

アクセス方法は路線バスになります。

正直、立地的に交通の便はよくないです。

僕は車で行きました。

正門に近い第一駐車場に駐車。

なお駐車場料金は最大1,200円の打ち止めです。

この手の駐車場にしては少し高いかな。

神代植物公園駐車場
1時間まで300円 以後20分毎に100円
入庫後12時間最大料金 1,200円
24時間営業

大温室

この日は朝から生憎の雨。

神代植物公園に到着したころには、雨がぱらつく程度まで回復。

しかし完全にはやんでおらず、しばらく屋内施設の大温室で様子を見ることにしました。

大温室には熱帯地や乾燥地の植物、ラン室・ベゴニア室・熱帯スイレン室などがあります。

なお、熱帯スイレン室だけ湿度の高さからレンズが曇りました。

他の部屋は大丈夫。

大温室は思いの外、と言ったら失礼ですが、とても楽しかったです。

ベゴニアや熱帯スイレンの撮影に熱中してしまいました。

神代植物公園園内の様子。雨の影響で人がいない。
神代植物公園大温室。
神代植物公園入り口を入ると、そこは熱帯地方だった。
神代植物公園チョコレートの原料、カカオノキ。
神代植物公園ベゴニア室。
神代植物公園ベゴニア。
神代植物公園大温室の中には休憩所もあります。
神代植物公園湿度が高い熱帯スイレン室。真ん中の大きな木はショクダイオオコンニャク。
神代植物公園熱帯スイレンの代表品種、ディレクター・GT・ムーア。
神代植物公園熱帯スイレンのマリアン・ストロウン。

ばら園

大温室から外へ出ると雨がやんでいたので、大温室の前にある広大なばら園へ。

季節的に秋バラはほとんど枯れてたものの、いくつかのバラはまだ咲いていました。

雨上がりで水滴がついたバラがとてもいい感じ。

大温室と同じように熱中。

いや、大温室よりも長い時間撮影していました。

神代植物公園広すぎる。
神代植物公園これ全部バラの品種。
神代植物公園ローラ'81。フランス。
神代植物公園乾杯。日本。
神代植物公園銀世界。日本。
神代植物公園モナ・リザ。ドイツ。
神代植物公園クリスチャン・ディオール。フランス。
神代植物公園ばら園の噴水。

紅葉

ばら園を抜けて雑木林に入ると一面紅葉。

完全に枯れていた木々もありましたが、まだ紅葉が楽しめる状態でした。

また雨上がりの紅葉は晴天よりも雰囲気が出て、かえって良かったような気がします。

神代植物公園落ち葉の道。
神代植物公園これが見たかった。
神代植物公園美しい紅葉。
深大寺透ける紅葉。
神代植物公園水滴がついた紅葉。

湧水

神代植物公園は当日中なら再入場が可能です。

深大寺門から一旦公園の外へ出て、近くのソバ屋湧水で昼食。

湧水かなりの人気店。混み合ってました。
湧水絶品でした。

深大寺散歩

神代植物公園の近くに深大寺があります。

こちらは神代植物公園と違って賑わってました。

食事の後に深大寺周辺を散策。

深大寺紅葉と水車。
深大寺鬼太郎茶屋。
深大寺屋根に妖怪のインパクト。
深大寺鬼太郎とねずみ男。
深大寺深大寺参道。
深大寺深大寺。
深大寺延命観音がある路地。
深大寺深沙堂の裏手。

神代植物公園散歩

神代植物公園へ再入場。

園内を通り第一駐車場へ向かう途中、シジュウカラや十月桜など撮影。

つい夢中になって深大寺門から第一駐車場まで1時間近くかかりました。

神代植物公園シジュウカラ。
十月桜なんと桜も咲いてました。その名も十月桜。
神代植物公園寂しいカラス。

まとめ

12月中旬なのに紅葉が見られて感動でした。

そしてバラ園は圧巻の一言。

神代植物公園は植物が好きなら間違いなく楽しめます。

カメラ好きの方にもフォトジェニックな場所がたくさんあるのでオススメです。

周辺の深大寺も賑わってますし一日楽しめます。

なお、神代植物公園は桜の季節や春のバラフェスタ・秋のバラフェスタの時期になると非常に込み合うようですが、普段はかなりゆったりできます。

特に今回のような雨の日は人がほとんどいない。

しかし雨上がりの植物たちはとても絵になる。

雨がぱらつく程度の日は逆に狙い目ですね。

それにしても、これで入園料が500円は安いでしょう。

年パスを購入したいくらいです。

神代植物公園 公式サイト → https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html

撮影機材

Nikon Z7
Nikon Z6
NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

created by Rinker
ニコン
¥319,530 (2020/09/20 10:56:00時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
ニコン
¥226,400 (2020/09/21 03:21:52時点 Amazon調べ-詳細)



関連記事
新宿御苑
Nikon Z6で満開直前の桜を撮影してきた

桜の季節ですね。 僕的にはまだちょっと肌寒いので満開はまだだと感じてますが、友人からそろそろ散ると言われたので見に行くことにしました。 都内の桜スポットはたくさんありますけど、ゆっくり写真が撮れそうと ...

続きを見る

関連記事
新宿御苑
Nikon Z6を持って新宿御苑でバラを撮影してきた

桜が咲き始めた4月上旬、Nikon Z6を持って新宿御苑で撮影してきました。 その時は桜ばかり撮っていたら閉園時間になってしまい、西洋庭園まで回れなかったんですね。 バラ花壇が見たかったので、そのうち ...

続きを見る

-旅行記
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.