旅行記

【沖縄本島旅行記1】仮設の第一牧志公設市場へ行ってきた

投稿日:2019/10/17 更新日:

第一牧志公設市場

沖縄グルメを堪能している今回の沖縄本島の旅。

沖縄料理は本当に美味しい。

毎日食べていても飽きません。

そんな沖縄独特の食材が集まる大きな市場が那覇にあります。

市場であり那覇最大の観光スポットと呼ばれる第一牧志公設市場へ行ってきました。

第一牧志公設市場

まず初めに第一牧志公設市場とは?

第一牧志公設市場は、沖縄県の食材が一同に集まり「沖縄の台所」として60年以上の歴史を持ち、沖縄の「食」を体感できる、那覇最大の観光スポットです。

市場外のアーケードには、県産の野菜、フルーツ、お酒、お土産品が、「公設市場入り口」の扉を入った中には、沖縄近海で獲れた珍しい魚介類や、県産牛、豚肉、かまぼこ、島豆腐、加工品、調味料などが並んでいます。

2階には「食堂街」があり、美味しい沖縄料理が楽しめるほか、1階の店舗で好きな食材を買って2階の飲食店で調理してもらえる「持ち上げ」制度も人気です。

引用元:公設市場|那覇市第一牧志公設市場 【公式】https://kosetsu-ichiba.com

僕は昨年初めて行きまして、持ち上げで調理もしてもらいました。

美味しかったですし楽しかったです。

関連記事
公設市場
【沖縄本島旅行記2】第一牧志公設市場で持ち上げしてみた

那覇の観光といえば国際通りですが、国際通り近くにある第一牧志公設市場も観光スポットとして有名です。 今回はそんな第一牧志公設市場へ行ってきました。 噂の持ち上げもしてみました。 第一牧志公設市場 第一 ...

続きを見る

第一牧志公設市場の移転

現在、第一牧志公設市場は老朽化による建て替えのため移転して営業しています。

場所は旧第一牧志公設市場から歩いて1〜2分ほどの距離。

200mも離れてないと思います。

かなり近いです。

なお、仮設市場での営業期間は2019年7月1日(月)~2022年3月31日(木)だそうです。

僕は旧第一牧志公設市場近くの花笠食堂で食事をしたので、散歩がてら仮設の第一牧志公設市場へ行ってみました。

第一牧志公設市場仮設の第一牧志公設市場。仮設と言っても大きいです。

関連記事
花笠食堂
国際通りの超人気食堂!花笠食堂へ行ってきた

沖縄滞在中の楽しみの1つは食事。 いや、僕の場合は沖縄料理が食べたくて沖縄へ行っていると言っても過言ではありません。 昨日はソーキそばを食べました。 しかし、そう毎日食べられるものでもありません。 で ...

続きを見る

ギャラリー

第一牧志公設市場に到着。

さっそく中へ入ってみました。

旧第一牧志公設市場より狭くなったように感じますが、こちらの方が圧倒的に綺麗。

まあ以前が相当年季入ってたので。

施設内の明るさも増しています。

2階の食堂やトイレも綺麗になっていたので、衛生面で敬遠していた方は何も心配ありません。

陳列の方法や商品などは一切変わっていません。

以前の第一牧志公設市場のままです。

第一牧志公設市場15時くらいだったので空いてました。
第一牧志公設市場見るからに新鮮な魚介類。
第一牧志公設市場沖縄特有のカラフルな魚たち。
第一牧志公設市場巨大な伊勢海老。
第一牧志公設市場一匹だけ物凄く悲しそうな表情。買ってあげたかったけど、僕は甲殻類アレルギー・・・。
第一牧志公設市場これはアサヒガニ。
第一牧志公設市場夜光貝。これ1つで2〜3,000円。
第一牧志公設市場沖縄といったら豚も。
第一牧志公設市場ちょっとショッキングな写真ですが、これも全て食用です。
第一牧志公設市場石垣牛も。石垣牛大好きです。
第一牧志公設市場イラブー(ウミヘビ)の燻製。イラブー汁にするそうです。
第一牧志公設市場こちらが2階の食堂。ここで持ち上げしたものを調理してもらえます。
第一牧志公設市場参考までに、こちらがまだ解体されてない旧第一牧志公設市場。

まとめ

普段目にすることのない沖縄のカラフルな魚や巨大なエビやカニ、豚肉は見ていて全く飽きません。

カニとか生きてるから脱走しようとしてるし。

僕は沖縄で釣りをするようになってから、少しだけ沖縄の魚のことが分かるようになりました。

知識がある状態で魚を見ると大きさや値段などより楽しめます。

いつか沖縄三大高級魚を釣りたい。

そういえば、昨年カメラを持って歩いていたら、店番をしてるおばーに「あんた新聞記者か?」と聞かれたのですが、今年も全く同じおばーに全く同じことを聞かれました。

また来年もまた同じことを聞いて貰いたいです。

そして、今年は残念ながら持ち上げをしませんでしたが、来年は高級魚を食べたいと思います。

アカジンミーバイ食べたい。

第一牧志公設市場は何度訪れても楽しいです。

食のテーマパークみたいな感じ。

那覇へ行ったらぜひ足を運んでみてください。

那覇市第一牧志公設市場 公式サイト → https://kosetsu-ichiba.com

撮影機材

・Nikon Z7
・NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

created by Rinker
ニコン
¥316,800 (2020/10/01 11:04:08時点 Amazon調べ-詳細)

沖縄本島旅行記シリーズ

関連記事
第一牧志公設市場
【沖縄本島旅行記1】仮設の第一牧志公設市場へ行ってきた

沖縄グルメを堪能している今回の沖縄本島の旅。 沖縄料理は本当に美味しい。 毎日食べていても飽きません。 そんな沖縄独特の食材が集まる大きな市場が那覇にあります。 市場であり那覇最大の観光スポットと呼ば ...

続きを見る

関連記事
御菓子御殿
【沖縄本島旅行記2】紅いもタルトの聖地!御菓子御殿へ行ってきた

沖縄のお土産といえば色々ありますが紅いもタルトは外せません。 美味しいですよね。 紅いもタルトとお土産として買ってくると喜ばれます。 以前友人にこの紅いもタルトを渡したところ、友人のお嬢さんも大喜びし ...

続きを見る

関連記事
残波岬灯台
【沖縄本島旅行記3】登れる灯台!残波岬灯台へ行ってきた

日本全国にある16基の登れる灯台。 この登れる灯台のことを参観灯台といいます。 数十メートルになる灯台の上からの景色は最高です。 この参観灯台ではスタンプラリーをやってまして、16基全ての灯台を制覇す ...

続きを見る

関連記事
道の駅かでな
【沖縄本島旅行記4】嘉手納基地の戦闘機撮影!道の駅かでなへ行ってきた

前回のブログで残波岬灯台に登って写真を撮っていたら真横を軍用機が通過。 すかさず写真を撮りましたが、あまりにも突然のことで満足行く写真は撮れず。 もっと撮りたい! とは思うものの、次にいつ飛来するのか ...

続きを見る

関連記事
沖縄 夕日
【沖縄本島旅行記5】沖縄の新夕日スポット発見!

沖縄といえば夕日&夕焼けスポットの宝庫。 夕焼けハンターとして沖縄はボーナスステージみたいなものでして、素晴らしい夕焼けが簡単に撮影できてしまいます。 今回の沖縄旅行でも夕焼け撮影は外せません。 沖縄 ...

続きを見る

-旅行記
-, , , ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.