旅行記

車中泊で紀伊半島一周する時のオススメモデルコース

投稿日:2019/04/19 更新日:

道の駅くちくまの

先日、車中泊で紀伊半島一周しました。

定番の観光地から、超マニアックな工場夜景の撮影地まで行きました。

なかなかこのようなルートを取る人はいないと思うので、僕の通ったルートをまとめたいと思います。

紀伊半島一周を計画している方の参考になれば幸いです

ルートと期間

紀伊半島一周の行程は大阪 → 和歌山 → 三重

なお、今回は海沿いを回ったので奈良県には行きませんでした。

まず大阪に用事があったので、東京から大阪へ行き、そこから紀伊半島一周をスタート。

旅の期間は5泊6日。

毎日毎日がっつり観光してました。

しかし、これでも足りないくらいでしたからね。

日本最大の半島は伊達じゃないです。

というか、想像以上に和歌山県が広かったです。

面積はそれほど広くないはずなのに、見どころがたくさんあり過ぎて和歌山県を抜けるのに時間がかかりました。

1日目

深夜に東京を出発。

高速道路で大阪へ。

途中のサービスエリアで何度か休憩を挟みながら午後に大阪到着。

この日は大阪で用事があり新大阪駅近くのホテルに宿泊。

ホテルではトラブル続きでしたけど。

空き時間に串カツ食べたり少しだけ大阪を堪能できました。

車中泊高速で寄った大津サービスエリア。展望デッキから見る琵琶湖。

2日目

ここから車中泊の旅がスタート。

まずは新大阪を出発して和歌山方面に向かいました。

途中の大阪湾岸地区で工場を撮影。

この日のメインはJXTGエネルギー和歌山製油所で工場夜景。

本当に最高の工場夜景でした。

車中泊の場所は道の駅くちくまの。

新大阪を出発
 ↓
大阪湾岸地区で工場撮影
 ↓
JXTGエネルギー和歌山製油所で工場夜景撮影
 ↓
道の駅くちくまので車中泊

車中泊

JXTGエネルギー和歌山製油所JXTGエネルギー和歌山製油所の夜景。

3日目

初めての車中泊はなかなか快適。

この日のメインはアドベンチャーワールド。

赤ちゃんパンダの彩浜が公開されていて、とても賑わっていました。

温泉は道の駅椿はなの湯。

アドベンチャーワールドで疲れ切った身体も回復。

素晴らしい温泉でした。

ほんと気持ちよかったなぁ。

そして那智勝浦でマグロを食べて道の駅なちで車中泊。

道の駅くちくまのを出発
 ↓
アドベンチャーワールドでパンダ撮影
 ↓
道の駅椿はなの湯で温泉に入る
 ↓
那智勝浦でマグロを食べる
 ↓
道の駅なちで車中泊

アドベンチャーワールド赤ちゃんパンダの彩浜。動くぬいぐるみだった。

4日目

急激に気温が下がった4日目。

なんとか乗り切りましたが、寒い中の車中泊は大変ですね。

この日のメインは世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道。

那智の滝や熊野那智⼤社、熊野古道へ行きました。

温泉は車中泊をした道の駅なちにある丹敷の湯。

尋常じゃないほど石段を上り下りしたので温泉が沁みました。

極楽とはこういうことを言うんですね。

そしてそのまま三重県へ。

高速のパーキングEXPASA御在所で車中泊。

道の駅なちを出発
 ↓
世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道で撮影
 ↓
道の駅なちにある丹敷の湯で温泉に入る
 ↓
EXPASA御在所で車中泊

那智の滝と三重の塔那智の滝と三重の塔。この撮影スポットを見つけるのに苦労して1,000段以上の石段を登ることに・・・。

5日目

この日のメインは工場夜景の聖地と呼ばれる四日市市で工場撮影。

車中泊をしたEXPASA御在所は四日市のすぐ近くで移動時間は30分程度。

他の場所には行かず、昼から夜にかけてずっと四日市で撮影してました。

特に四日市の工場夜景の撮影が楽し過ぎて1人で盛り上がってしまい、撮影終了したのは23時頃。

そのまま高速に乗り東京へ。

EXPASA御在所を出発
 ↓
四日市市で工場撮影の下見
 ↓
うみてらす14で工場夜景撮影
 ↓
塩浜地区で工場夜景撮影
 ↓
東京へ
工場夜景うみてらす14から。ブルーアワー。

6日目

東京に向かって深夜の高速道路をドライブ。

順調に行けば朝の4時頃東京に着くはずだったのですが、静岡の清水サービスエリアで休憩のつもりがうっかり爆睡。

結局、東京に着いたのは昼頃でした。

車中泊岡崎サービスエリアで食べた味噌カツ。

旅費

かかった高速料金は14,070円。

ちなみに、和歌山県内で高速代はほぼかかっていません。

これに別途ガソリン代が約12,000円ほど。

ガソリンが高いですね。

でも、ホテルを取るより安く済んでます。

というか、面倒なホテルの検索と予約や、チェックインやチェックアウトの時間を気にしなくていいだけでもメリットはかなり大きいです。

あとは観光地での入場料や駐車場代。

さすがにアドベンチャーワールドは高かったですけど、まあ遊園地なのでそれなりにするのは仕方なし。

そして、食事やお土産代です。

細かく計算してないですけど、トータルで2万円も行ってないはず。

ざっと計算すると46,000円(初日のホテル代は含めてません)。

色々と切り詰めればもっと安く済みますし、流行りの自炊をすれば食費は相当抑えられるでしょう。

なお、僕1人でこの金額です。

2人旅だったら相当安いことになりますね。

車中泊走行距離は1,468.1km。がんばりました。

まとめ

以上が今回の紀伊半島一周の行程です。

自分的にはとても素晴らしい旅になりました。

ただ、このルートは観光と工場夜景が半分ずつなので、かなりマニアックかと思います。

しかし、普通の観光と工場夜景を楽しみたいのであればこのルートはオススメできます。

特に四日市市は工場夜景の聖地とも呼ばれてますから、少しでも工場夜景に興味があれば絶対に行くべき場所です。

今回は5泊6日と長めの旅でしたが、切り詰めれば期間はもっと短縮できます。

まあ、初日は大阪で用事があったので車中泊としては実質4泊5日ですしね。

というわけで、紀伊半島一周の旅でした。

車中泊は本当に楽しいですね。

旅の間は毎日充実していました。

また時間を作って車中泊の旅に出たいと思います。

車中泊で紀伊半島一周シリーズ

関連記事
車中泊
【車中泊で紀伊半島一周1】大阪のホテルで恐怖体験

どうもこんにちは。 旅ブログをやってます大佐フォトです。 Twitter @taisa_photo Instagram @taisa_photo_travel SNSにも旅の写真をアップしてますので、 ...

続きを見る

関連記事
JXTGエネルギー和歌山製油所
【車中泊で紀伊半島一周2】JXTGエネルギー和歌山製油所で工場夜景撮影

紀伊半島を一周することにした車中泊の旅。 でも行き先は特に決めていません。 それでもなんとなるのがこの情報時代。 むしろ今やネット環境がないと旅ができないという軟弱さ。 便利さに慣れると戻れなくなるん ...

続きを見る

関連記事
アドベンチャーワールド
【車中泊で紀伊半島一周3】アドベンチャーワールドでパンダ撮影

紀伊半島一周にチャレンジしている車中泊の旅。 初の車中泊は思った以上に楽しいです。 急遽予定を変更しても全く問題ないですし、自由気ままに動けるのがいいですよね。 ホテルを取るとそうはいきませんから。 ...

続きを見る

関連記事
那智の滝と三重の塔
【車中泊で紀伊半島一周4】世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道 巡り

紀伊半島一周にチャレンジしている車中泊の旅。 ノープランの旅も4日目。 紀伊半島一周のルート的にも半分過ぎたくらい。 ようやく後半戦に突入という感じです。 そろそろ旅の終わりも見えてきました。 それで ...

続きを見る

関連記事
工場夜景
【車中泊で紀伊半島一周5】工場夜景の聖地!四日市コンビナートで撮影

紀伊半島一周にチャレンジしている車中泊の旅。 いよいよ今回でラストです。 大阪から和歌山に入り、そして三重へ。 今回は海沿いを回っていたので、奈良県は全くのスルーでした。 奈良県はまたいつか。 それで ...

続きを見る

ウェイクで車中泊

created by Rinker
リバーシブルカーゴマット
¥7,556 (2020/10/21 02:23:38時点 Amazon調べ-詳細)

-旅行記
-, ,

Copyright© 大佐フォト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.